ビットフライヤー(bitFlyer)でのビットコインの買い方(購入方法)

ビットフライヤーの特徴・手数料について

時価総額トップのビットコイン

食事ができたり、家電を買ったり、飛行機に乗れたりと使い道は豊富です。

千円、一万円からでも購入は可能です。

とくに初心者の方には、ビットコイン取引はビットフライヤーをおすすめします

スマホアプリ使いやすい・見やすいだけでなく、セキュリティにも定評があるからです。

金融機関より高いセキュリティ技術(暗号技術)をもっています。

また、ビットフライヤーは、ビットコインの取引量や資本金の額が国内1位です

気になる手数料は、下記の通りです。

MEMO
  • 販売所で売買 0円(無料)
  • 取引所で売買 0.01~0.15%

★販売所と取引所の違いや手数料については、下のほうで、さらに詳しく説明します。

ビットフライヤーの口座開設やお取引はこちら▼

ビットフライヤーの詳細

設立 2014年1月
運営会社 株式会社bitFlyer
資本金 41億238万円
代表者 加納 裕三
所在地 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウンタワー8F

 

ビットコインの特徴・価格・投資のメリット

仮想通貨の王様ビットコインには1ビットコイン=100万円以上の値がついています。

最初はほんの数円の価値でしたが、今や価格は何万倍も上昇しました。

ビットコインを取り扱うお店・企業も増えているので、使い道も確保されています

価格が常に変動しているので、うまくいけば利益が出せるのも魅力的です。

たしかに、株と同じで下げ相場のときもあります。

たとえば、数日で3割以上価格が落ちたりしているのを見ると、「リスクが高いとか大丈夫だろうか?」と思うのも無理はありません。

あくまでイメージですが、価格の変動が激しい株みたいなものです。

ただし、その分、儲けも大きくなりやすいことは、仮想通貨のメリット。

手元に資金がないと、なかなか株であろうが稼げる時代ではないですよね。

ハッキリいうと、仮想通貨には少ない資金(たとえば5万、10万とか)でも利益を出せる可能性を秘めた魅力があります。

ビットコインについてくわしくはこちら▼

ビットコインとは?初心者向けにわかりやすく解説します

前置きが長くなりましたが、本題の買い方の説明に移ります。

ビットコインを買う手順

ビットフライヤーでビットコイン(略してBTC)を買おうと思ったら、販売・取引の二通りがあります。

  • 販売(所)では、ビットフライヤーからBTCを購入
  • 取引(所)では、ユーザー(BTCを売りに出している人)からBTCを購入

自分でBTC1枚の価格や欲しい数量を自由に決めて買いたい場合取引所を選びましょう。

逆に、販売所だとビットフライヤーが価格を決めます。こちら側は欲しい数量のみ入力して注文します。

今回はビットフライヤーのアプリから、ビットコインを約0.01(数量)、取引所で買いたいと思います。

1万円使って、手数料は約16円(0.000015BTC)でした。

【購入の手順】

まず、取引所をタップします。

次に、ビットコインのところをタップして下さい。

次の画面は取引板と呼ばれます。

各ユーザーが提示した価格や数量が一覧で見れます。

そして、買い注文と売り注文ができるのもこの画面です。

画面の中央あたり、緑色の線を引いたところがその時の価格になります。

この価格はユーザーが提示した価格を平均したものです。間をとった数字(中央値)ということです。

絶えずユーザー達が取引をしているので、平均の価格も刻一刻と変わります。

では、上のオレンジの枠で、数量と価格を入力します。

(青枠のところでも数量は入力できます、たとえば1枚欲しいときは+1を一回タップすればOK)

0.01枚で1BTC=1049200円を入力しました。そして、買うをタップ。

買うをタップした後でもキャンセルは可能です。

確認画面がでました。このまま確定するには注文確定するをタップ。

横のキャンセルボタンをタップするとキャンセル可能です。

手数料は、私が注文した0.01BTCに0.15をかけて、0.000015BTCです。

日本円に換算すると、16円くらいです。(0.000015BTC×その時の平均価格)

注文確定をタップしたら、注文完了の表示がされます▲。

あとは注文が通る(約定といいます)のを待つだけです。

売る人と買う人の価格・数量が合えば約定します。

※条件が一致せず、約定に時間がかかる場合や約定しないことがあります。

たとえば、その時の価格(平均価格)が100万円になっていたとして、それを80万で買いたいという注文を出した場合、価格が下がっていくような場合でないと、

なかなか約定してくれません。売る人はできるだけ平均価格より高い価格で売ろうとしますからね。

さきほどの取引板で売りに出している人の価格や平均をチェックしたり、チャートで価格が上がっているのか、下がっているのかなど状況を確認しましょう。

確認のやり方は、取引板の画面で横にスワイプしていけばオッケーです。

※下の画面の他にも約定履歴なども見れます。

下の画面は注文履歴です。

まだ約定していない場合は、下のように赤丸の×ボタンがでますのでタップすると注文をキャンセルできます。

キャンセルしても手数料を取られたりはしません。元に戻るだけです。

では、最後に手数料のことについてもう一度説明します。

  • 販売所では手数料なし

(ただし、平均価格よりも少し高い金額をビットフライヤーが設定します、スプレッドといいます。)

  • 取引所では、手数料0.01~0.15%

取引所の手数料に幅があるのは、その人の取引額によって違ってくるということです。

具体的には、直近30日間で取引額が大きければ大きいほど、安くなります。

取引を始めたての方は、0.15パーセントからスタートです。

まとめ

ビットコインの取引・売買といっても簡単ですね。

自分が買った時の価格より高くなれば、売ることで差額分の利益がでます。

これは販売・取引でも仕組みは同じです。

アプリやサイトにログインすると、損益というメニューがありますから、そこでいくら儲けているのか、損しているのかがわかります。

かなり使いやすいアプリなのでダウンロードしてみてください。

ビットフライヤーの詳細

  • ビットコインは時価総額が仮想通貨の中で一番大きい。
  • ビットコインは使い道も他の仮想通貨と比べるとたくさんある。
  • 価格の変動が大きければ大きいほど、利益もたくさん出る可能性がある。
  • ビットフライヤーでは、取引所と販売所の両方でビットコインが売り買いできる。
  • ビットフライヤーはビットコインの取引量、国内トップ。
  • アプリが操作しやすく、わかりやすい作りになっている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です