ビットフライヤーの2段階認証の設定方法を説明します

二段階認証とは?

2段階認証は、仮想通貨という資産を守る・アカウントのセキュリティを強化するためにやります

設定は後にみるとおり、かんたんです。

仮想通貨は財産的な価値があるため、ハッカーなどに狙われやすいことはご存知ですよね。

この記事では、2段階認証のやり方を説明します。

ちなみにビットフライヤーでは、補償のシステムがありますが、2段階認証の設定をした方が対象です。

念のために、設定はやっておいたほうがいいですよね。

2段階認証
ログインや送金のときに、その都度発行されるコードを入力する仕組み。

設定したパスワードとコードの二段構えでセキュリティをアップします。

専用のアプリさえダウンロードしてしまえば、入力・タップまたはクリックだけで設定はおわりです。

ビットフライヤーの詳細

ビットフライヤーの特徴
  • 資本金・ビットコインの取引量が国内トップ。
  • セキュリティの評価が高い
  • 日本円が不正に出金された場合の補償がある

ビットフライヤーの二段階認証のやり方(スマホのアプリからやります)

今回はビットフライヤーのアプリから、設定をしてみます。

もちろんスマホ・PCサイトからも可能です。

なお、ビットフライヤーのアプリは、

App Store,Google Playからダウンロードが可能です。

※2段階認証のためのコードは、専用アプリのほか、メールアドレスやSMSで送ってもらう方法もあります。

ビットフライヤーでは、専用アプリでの認証をすすめているので、この方法でいきます。

では、はじめに専用アプリのいずれかをダウンロードしてください。

・2段階認証の専用アプリ

  1. Google Authenticator(Google認証システム)
  2. Authy
  3. Duo Mobile

次に、ビットフライヤーのアプリを開き、画面左上をタップ▼

ご自分のお名前のところをタップして設定へ進みます▽

アカウントの項目になりますが、ここで設定をタップしましょう▼

つぎは二段階認証をタップ▽

この画面で設定をしていきますが、どういうときに認証を使うかを自分で決めれます▼

ただし、仮想通貨を外部へ送るときは必ず2段階認証をしないといけません。

これは、仮想通貨を盗み出される(外部へ送る)のが一番危険な場面だからです。

では、日本円の出金のときにも2段階認証を使用したいので、下の画像のとおりON/OFFボタンをタップ。

他にもご自分が使用したい項目があればオンに切り替えていきましょう。

タップしたら、コードをいれるよう指示がでます▼

※オンに切り替えるには、前もってコードの入力が必要です。

ビットフライヤーへ登録したメールアドレス宛てに、コードが届きます。

この数字を入力。入力が終われば、完了(画面右上)をタップ▲

これで、オンに切り替えることができます。

次に設定を変更▼から専用アプリでの認証の設定をします。

※オンオフボタンの切り替えと設定の変更はどちらから先にやってもOKです。

ここからアプリでの認証を選択。

下の矢印の先をタップ▽

今回はGoogle Authenticatorを使います。

開くをタップすると、認証アプリのほうへ飛びます。

トークンとは認証コードと同じ意味です。

追加しますか?と聞かれるので、はいをタップ。

すると、ビットフライヤーの項目が出来上がって、コード(数字)が表示されます。

ここに表示された数字を、ビットフライヤーのアプリに戻って入力してやれば設定は完了です。

今後は2段階認証を使う場面で、Google Authenticatorに表示されるコードを確認して、入力をすることになります。

このコードは、一定時間経つと、変わります。

ワンタイムパスワードみたいなものです。

他の認証アプリでも上のような流れで設定を行います。

まとめ

万が一の事態も考えられるので、2段階認証は必須です。

各取引所が2段階認証の設定をユーザーさんたちへ呼びかけていますしね。

おさらいのために、この記事の内容をまとめて終わりにします。

POINT
  • 2段階認証はパスワードを二重にすることで、セキュリティを強化するもの。
  • 仮想通貨の各取引所は2段階認証の設定を強くすすめているのが現状。
  • ビットフライヤーの2段階認証には、①メールアドレス+暗証番号②SMS③認証アプリの3つの方法がある。
  • いずれの方法も、設定は簡単に数分で終えることができる。
  • ビットフライヤーは、認証アプリの方法を推奨している。
  • ビットフライヤーのアカウントから設定を選んで、2段階認証の設定をおこなえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です