BitMEXの評判・メリット・デメリット|高レバレッジで、少額投資でも儲ける。

ビットメックスのメリット・デメリットの両方をくらべて、

取引所選びに役立てるページです。

仮想通貨FXをやろうかと迷っている方はとくに参考にして欲しいです

自分も今回取り上げるBitMEXも使っているため、レビューも入れ込みながら解説します。

そしてデメリット面もあるものの何で最終的にビットメックスをよく使うようになったかも書きますね。

(メリットのところで)

では、まずはビットメックスの評判についてまとめてみます。

手数料を安くする

BitMEXは海外の取引所でBTC取引量最大クラスのFX・先物専門の所。完全オフラインでBTCを保管。上記ボタンからの登録で半年間、手数料1割引きです。

高いスプレッドは払う必要はありません、なるべく安い手数料でやりましょう。

万一、Web サーバー、取引エンジン、データベースなど、システムが完全に侵入されたとしても、攻撃者は資金の盗難に必要なだけのキーを使用できません。引用元:BitMEXの公式サイト。上のリンクから公式サイトへ飛べます。

BitMEX(ビットメックス)の評判は悪い?

正直、悪い評判・良い評判どっちが多いかはわかりませんが、

どんなことが言われているのか、ピックアップします▼

仮想通貨のFXといったら、普通に買うよりもっと危険なんじゃ・・
ビットメックスって海外の取引所があるけど、海外だけによく素性がわからない・・
国内と比べてかなりレバレッジの倍率が大きいから、リスクが大きそう・・

上の吹き出しに書いたことは実際に質問を受けたことがあり、かつ初心者の方が抱く疑問です。

仮想通貨FXも、BitMEXで扱う仮想通貨の先物もレバレッジ取引ですが、レバレッジがあると儲けも大きくなりやすいのと、

その反面、予想とは逆に相場が動いたときの損も現物取引以上になります。

レバレッジについては下のほうで説明しますね。

普通に買う(現物取引)よりも損の幅は大きくなるという意味でリスクがありますね。

ただ、

レバレッジ取引では相場の状況にあわせる形で、下げ相場のときにはショート、上げ相場のときにはロングを入れることで、

それぞれ利益を出すことができます。

儲けを出すための選択肢は現物取引以上にあります。

さきほどの二番目の吹き出し、

海外だけに心配、素性がわからない」という部分にコメントします。

まずほかの大手海外取引所と同様に、登記をしています。

運営元の会社がきちんとあって、拠点は中国の香港。

取引システムもしっかりしているし、今のところ例えば、出金・入金も問題なくスムーズに行えています。

あとレバレッジが高いとリスクもあるというのは確かですが、

レバレッジは自分で倍率を細かく設定できるので5倍とか低レバレッジにすることが可能ですよ。

詳しくは使い方のページも参照してみてください▼

日本語対応|BitMEX(ビットメックス)の登録方法から入金、使い方までを解説

取引をはじめるにあたってビットコインの入金が必要ですが、入金方法も書いてます。

取引がむずかしそう・・いろいろ勉強しないといけなさそう・・

こんな声もありますが、

取引のしくみは簡単、たしかに本とかで勉強するに越したことはありませんが、

そんなにたくさんのことを覚えないと取引ができないということもありません。

相場の予想がメインです。

すぐ上のページでも取引のやり方を書いています。

BitMEX(ビットメックス)のデメリットは何か

つぎはビットメックスのデメリットについて。

まず、

  • ビットコインでしか取引できない、価格変動のリスクあり!

ビットコインをビットメックスへ入金してから取引をするといいましたが、取引で儲けたら、その儲けも当然、ビットコインで受け取ることになります。

これはビットコインだけでなく、ほかのイーサリアムとかリップルなどのアルトコインで取引をおこなっても同じです。

つまりすべての取引はビットコイン建てになります。

そしてビットコインの価値は日々、毎時間変わっているのでもし儲けが出てもビットコインの価格が下がると利益がそれに伴い目減りすることも考えられますので、頭に入れておいてください。

メモ
BitMEXでは、ビットコインをXBTと略する。ただ単位はBTCと同じなので1BTC=1XBT。またビットコインの先物などは値段がドル表示(USドル)になる。
  • ビットコインの出金が一日に一回のみ制限

セキュリティ上のこともあり、出金が日本時間22時に一括処理されるので、はやめに出金したいというのであれば、

22時までに出金の申請をすることをおすすめします。

すぐに出金依頼をかけれないのは状況によってはデメリットです。

なぜなら上で書いた価格変動のリスクもあるから。

日本円にすぐに替えれませんからね。

セキュリティ対策は?
ユーザーさんから預かったビットコインはBitMEXが保管。すべてのビットコインをオフラインで保管しハッキングを防止している。

BitMEX(ビットメックス)のメリットは何か

最後はBitMEXのメリットについてです。

まず、ビットメックスに限らない話ですが、

追証がないというところは安心ポイントです。

追証とは追加証拠金のことで、追証がない結果、損を出しても後から証拠金穴埋めのためのビットコインの請求を受けることありません。

たとえば10万円分のビットコインを投資して、

損をしてもマイナスになることはありません。(清算・強制決済になる可能性はある)

2番目のメリットですが、手数料が安いことです。

さらに一番はじめのほうでも載せましたが、下記リンクからの登録で半年間取引手数料が10パーセント割引になります。

実際、手数料は国内の取引所と比べても安いです

おまけにマイナス手数料というシステムがあり、国内の取引所にはない特徴です。

マイナス手数料
手数料分がボーナスとしてもらえること。BitMEXでは取引手数料と資金調達料とで一部マイナス手数料を採用。

たとえば注文時メイカー(maker)で注文するとマイナス手数料が発生して取引ごとにボーナスが入ってきます。

maker taker
-0.0250% 0.0750%

ビットコインの取引(注文)にかかる手数料▲

アルトコインの先物契約ではメイカー(maker)の場合、上の2倍の‐0.0500%分がボーナスとして入ります。

手数料収入ですね。

そしてBitMEXの無期限契約(決済に期限がない)では注文後、ポジションにかかる手数料で一部マイナス手数料が採用されているので、

注文時・ポジション時とダブルで手数料が入るときもあります。

注意
ポジション料は、BitMEXでは資金調達料という。資金調達料は8時間ごとに変わる。%は一定していない、サイトから確認可能。

無期限契約は、先物とは少し違ってFXに近いデリバティブ商品です。

ほかの取引所でもレバレッジ手数料などの名目でポジション料が発生するが、ここでもマイナス手数料は採用していません。

結局、自分がBitMEXを使っているのも、この手数料が安いこと、スプレッドが小さいこと、マイナス手数料があることが大きいです。

続いても国内の取引所にはない特長です。

それがレバレッジの大きさです▼

ビットコイン(BTC) 最大100
イーサリアム(ETH) 最大50
リップル(XRP) 最大20
ビットコインキャッシュ(BCH) 最大20
ライトコイン(LTC) 最大33.3
カルダノ(ADA) 最大20
トロン(TRX) 最大20
イオストークン(EOS) 最大20

国内だとビットコインのレバレッジ取引で最大25倍程度。アルトコインで5倍程度なので、

明らかに倍率が大きいです。

レバレッジ
少額でも大きな投資効果を出すしくみ。たとえば、1万円分のビットコインを証拠金として使い投資したとして、レバレッジが100倍だと100万円分の取引ができる。

繰り返しますが、いくら損を出してもゼロになることはあってもマイナスになることはありません。

ですので、100倍だろうが、マイナスにはなりません。

レバレッジが大きいと、少額でもそれなりの額の取引ができますし、リスクもあるものの、その分投資効果が大きくなる結果、儲けも大きくなります。

初心者の方は100倍とはいわず5倍くらいから初めてもいいかもしれません。

まとめ

やはり手数料面では国内と比べてもメリットありです。

お得に取引できるチャンスもあります。

取引量もビットコインに関しては、前だと世界一をとったりしていました。

今でも上位でトップ3にだいたい入っています。

取引量が多いとより有利な取引ができる(自分の希望する価格で注文が通ったりするなど)可能性も高まるのでそこもメリットです。

まとめ
  • BitMEXはBTCレバレッジ最大100倍程度の先物取引・FX取引ができる海外取引所
  • 悪評もあるが、使っていて問題はない。むしろ利用する人は多め
  • ビットコインの出金は一日一回22時までに申請されたものに限り、出金処理がおこなわれる
  • ビットコインでのみ取引が可能なため、価格変動のリスクにはさらされる
  • レバレッジはビットコインで最大100倍だが、低レバレッジに自分で変更可能
  • レバレッジが高いと、少額でも十分な取引効果が発揮でき、儲けも現物以上になる
  • 手数料ではマイナス手数料を採用しているため、お得。
登録するのにお金はもちろんかかりません。
登録にかかる時間はだいたい5分程度です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です