ビットポイント(BITPoint)でのライトコインの買い方(購入方法)

国内の取引所ビットポイント(BITPoint)のメリットとライトコインについて

東京に本社をおくビットポイントジャパンが運営する取引所です。

取引所ができたのが、2016年。

ユーザーから預かった資金は、すべてひとまとめにして、

安全に保管しています

スマホのアプリもあり、簡単な取引ができるので、気軽に仮想通貨を買いたい人におすすめです。

仮想通貨の売買手数料は無料。

即時入金というサービスがあり、こちらも手数料がかかりません。

口座開設がまだの方はこちら▼

ビットポイント(BITPoint)の口座開設の方法(登録から本人確認まで)

・ライトコインの概要

時価総額・・・8300億円(時価総額6位)<CoinMarketCapより>

開発者・・・チャーリー・リー

アルゴリズム・・・Script

特徴・・・発行できる枚数がビットコインの4倍、処理スピードも約4倍。

もっとくわしく知りたい方は▼

ライトコインとは?使い道や将来性、今後の価格についてわかりやすく解説します

ライトコインの購入方法(シングル:成行注文)と注意点

日本円でしかライトコインは買えないので注意です。

Webサイトからだけでなく、アプリからも取引ができるので便利です。

スマホ一台から簡単に取引ができますよ。

アプリは、Lite(簡易版)なので、成行注文しか選べませんが、全銘柄で対応しており、すぐに仮想通貨が手に入りますよ。

ビットコインの買い方のページでは、アプリでの購入方法が見れます▼

ビットポイント(BITPoint)でのビットコインの買い方(購入方法)

では、サイトからのライトコイン購入方法です、スマホから買ってます。

ログイン後、左上のメニューをタップ▼

つぎに、仮想通貨取引をタップ▼

通貨ペアをLTC/JPYに変えます▼

注文の画面へと移ります▼

成行注文を今回選びました。

売買の方法としてシングルをタップします。

シングルでは、ほかに指値注文も可能です。

下へスクロールすると板情報を見れます。

赤線から上は、LTCの売り注文を出している人がつけている条件(価格)。

※平均価格に近いものしかこの板には表示されません。

成行の買い注文は、基本、売りの人が提示した価格の安いものから買い上げていく方法です。

では注文の画面に戻ります▼

まず赤い枠のところを成行にします。

成行では欲しいLTCの数量を入力します。

数量を自分で決める注文方法ですね。

赤い枠のところ、

数量取引暗証番号を入力してください▼

最後に注文ボタンをタップ。

さらに、注文の内容に間違いがないか確認して、執行ボタンをタップ▼

これで注文完了です▼

(補足)

LTCの数量は0.01以上で入力しないといけませんので注意してください。

数量の単位も0.01ごとにしないといけません。

上のほうで説明しきれなかった

ストリーミング注文逆指値は、シングルとは異なったタイプの注文方法です。

ストリーミングは、相場のパネルをタップしておこなう注文方法。

逆指値は、自分が決めた価格になった時点で、改めて発注がされる注文です。

まとめ

ビットポイントでは、取引手数料が無料に設定されています。

初心者の方も簡単に取引ができますし、安心して使える取引所なので、国内の中ではおすすめのひとつです。

今なら期間限定で、3000円相当のビットコインがもらえます。


  • ビットポイントジャパンが運営する取引所がBITPoint
  • ビットポイントは全銘柄で売買時の取引手数料が無料
  • アプリとサイト両方から取引が可能
  • アプリでは現物取引の成行注文のみ可能
  • 成行注文は、欲しい仮想通貨の数量のみを決める注文方法
  • ライトコインの注文数量は0.01から可能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です