仮想通貨初心者向けのおすすめアプリを一挙に紹介します

アプリだとすぐにスマホから見れて、便利。

まめに情報・資産をチェックするにも便利。

今回はアプリをいっぱい紹介します。

これから紹介するアプリは、、
DMM Bitcoinbitbankなど公式アプリ、FXができるビットレ君コイン相場など初めての人でも使いやすいアプリ

初めての方でも使いやすい仮想通貨アプリはたくさんある

仮想通貨関連では、取引所やウォレットのアプリ、情報、ニュース、価格チェックができるアプリなどいろいろなものが出ています。

たとえば、過去の価格の動きや、仮想通貨を送金、日本円をおろすような場面で、

どこを操作・タップしたらいいのかわかりやすかったら使いやすいですね。

ついでにデザインの良さ・見やすさや、アプリでやれることがたくさんあれば、なお良いです。

まずは、仮想通貨の取引所のアプリから紹介します。

※アプリのアイコン画像を引用していますが、iOS版とAndroid版で若干デザインが異なるものもあります。

仮想通貨の取引所はこんなところ
仮想通貨を買おう・売ろうと思った時に利用するところ。取引所から買うパターン、取引所に集まる他のユーザーさんから買うパターンがある。

全部無料なので興味のあるものからダウンロードしてください。

国内の仮想通貨取引所の公式アプリ

2018年はとくに各社こぞって公式アプリがリリースされました。

アプリ版はやはり人気があるようで、DMM Bitcoinのアプリは比較的、短期間のうちにダウンロード数が60万いきました。

ここではアプリでできることと、取引所の最新情報(2018年)もまとめてみます。

1.bitbank(ビットバンク)

bitbank ビットコイン&リップル ウォレット

bitbank ビットコイン&リップル ウォレット
開発元:bitbank,Inc
無料
posted withアプリーチ
bitbank(ビットバンク)の口座開設方法|登録から本人確認・ハガキ受け取り

ビットバンクは取引所でビットフライヤー、下で説明するGMOコイン・DMM Bitcoinのような販売所と違いスプレッド(時価が売値と買値で表示されるが、その差額のこと。手数料のこと)がほとんどありません。

ビットコイン・リップル・イーサリアム・モナコイン・ビットコインキャッシュ、ライトコインのすべての通貨が、手数料なし売買可能です。

アプリについて
  • Web版の取引所サイトとほぼ同じ構成とデザイン
  • リリースは2018年
  • 白と黒っぽいダークな色が基調のシンプルなデザイン
  • ビットコインとアルトコインの売買、2段階認証などの各種設定が可能
  • チャート機能は、改善が進み、使いやすく高機能なチャートへと変化
  • ビットバンクトレード(レバレッジ取引)はできない

ビットバンクのスマホ版アプリは▼

NEWS
  • 取引手数料無料キャンペーンの期間は、再々延長により、2019年1月4日まで
  • 貸仮想通貨サービス(レンディング)への申し込みはアプリからも可能、最大年率は5%
  • 2018年末まで毎月レンディングの募集がある
  • 自動家計簿の「マネーフォワード」との連携が可能

2.DMM Bitcoin(ディーエムエム・ビットコイン)

DMM Bitcoin【仮想通貨取引ならDMMビットコイン】

DMM Bitcoin【仮想通貨取引ならDMMビットコイン】
開発元:DMM Bitcoin Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ
DMMビットコインの登録方法・口座開設|アルトコインの仮想通貨FXが可能な取引所

DMM Bitcoinは動画・証券事業など幅広い事業をおこなうDMMグループ中の会社によって運営されています。

商号がそのまま取引所名になっています。

もちろんここで紹介する取引所すベてに共通することですが、金融庁・財務局に登録を済ませてある取引所です。(仮想通貨交換所)

スプレッドはビットコインでいうと約19000円。

口座を作ると1,000円のプレゼントキャンペーン開催中

アプリの無料ダウンロードはこちら

アプリについて
  • リリースは2018年
  • 仮想通貨の売買だけでなくレバレッジ取引も可能
  • 一部ウェブ版とのリンクがされており、入金から取引、出金、各種設定などアプリからすべての操作が完結する
  • 多色で視認性の高いデザイン
  • チャート画面も見やすい、チャートの機能性も高い
NEWS
  • 口座を開設した人全員に1,000円のプレゼント(DMM Bitcoinの口座にすぐにプレゼントされる)
  • さらに、取引まですると最大5,000円までがプレゼントされる
  • 取引所のセキュリテイをさらに強化、ハッキングの被害を防止
  • DMM Bitcoinの口座(ウォレット口座)に2段階認証のか生体認証(指紋・声・顔で認証)を追加

3.QUOINEX(コインエクスチェインジ) ライト版

QUOINEXライト版

QUOINEXライト版
開発元:QUOINE Corporation
無料
posted withアプリーチ
Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)の登録、口座開設方法

もともとアジアを拠点にしていて、日本に本拠地を移した取引所がQUOINEX。

取引所における仮想通貨全体の取引量は国内トップ。

QUOINEX→コインエクスチェンジと読みます。

海外にも同じ読みでコインエクスチェンジ(CoinExchange)がありますが、それとは別物です。

追記:2018年9月名称変更あり。

QUOINEXからLiquid by Quoine(リキッドバイコイン)へ、プラットフォームも変わり、取り扱い通貨も倍以上へ。

アプリについて
  • 仮想通貨を初めて買う方でも、操作が簡単な作りになっている
  • リリースは2018年
  • Liquid移行後は、ライト版のみ存続し、ライト版はさらに性能アップ
  • ライト版の他に、もう1つスマホアプリ(通常版/プロ版)がリリースされている
  • 注文方法は2つ(指値・成行)で、ビットコインやリップル、国内で唯一QASH(トークン)が買える
NEWS
  • ユーザーさん(口座開設者)の仮想通貨を”全部”コールドウォレットで保管しているので安心
  • Liquid(リキッド)という流動性の高いプラットフォームを採用することが決定
  • Liquidへ移行することが決まったのでシステムが変わる(※資産やアカウント情報は自動でリキッドへ移動します)

4.GMOコイン

GMOコイン 仮想通貨ウォレット

GMOコイン 仮想通貨ウォレット
開発元:GMO Coin, Inc.
無料
posted withアプリーチ
GMOコインの登録方法・口座開設について

GMOコインはGMOグループ会社の1つ。

GMOインターネットでセキュリティ対策が仮想通貨事業にも活かされています。

アルトコインのFXもでき、イーサリアム・ビットコインキャッシュ・ライトコイン・リップルのFX取引が現在可能。

スプレッド=手数料はDMM Bitcoinよりもだいたい安いです。

! ビットコイン20,000Satoshiプレゼントキャンペーン中

アプリについて
  • リリースは2018年
  • 資産の内訳、相場、チャートの概要が一目でわかるので便利
  • 販売所なので初心者の方でもすぐに仮想通貨が買える
  • 注文方法は”金額指定”と”数量指定”の2つ、操作(入力)も簡単
  • アプリから2段階認証の設定が可能
NEWS
  • 2018年中に販売所とは区別される取引所(ユーザー数同士で仮想通貨が売買される場所)のオープンを予定
  • 取引所がスタートすればスプレッドが大幅に安くなることが予想される

追加の情報:ビットコインの取引所サービスがついに開始。何と言ってもメイカーで手数料無料なのでお得!今後アルトコインも扱ってくれたら嬉しいですね。

GMOコインにビットコイン取引所が開設、手数料、板取引のメリットなども解説します

5.ビットレ君

GMOコイン公式仮想通貨FXアプリ ビットレ君

GMOコイン公式仮想通貨FXアプリ ビットレ君
開発元:GMO Coin, Inc.
無料
posted withアプリーチ

使い方とか画面の見方▼

GMOコインのFX専用アプリ|ビットレ君の使い方、操作方法の説明

こちらも同じくGMOコインがリリースしたアプリです。

ただし、ビットレ君はFX専用。

GMOコインのFX取引におけるレバレッジは5倍か10倍の選択制です。

FXをやるためにはGMOコインに登録しておくことが必要となりますので、初めての方は注意してくだい。

FXでは売り注文を出すことで、相場の下げ幅が大きければ大きいほど利益も大きくなります。

アプリについて
  • チャートでは描画といって自分で線が引ける
  • 移動平均、ボリジャーバンドなどの機能がついており、スマホからチャート分析が可能
  • 通常のトレードのほか、スピード注文も可能
  • 即時入金ができる(手数料無料)
  • 取引システムの安定性が向上してきている
  • 2WAY方式なので、初めての方でも注文がしやすい

6.BITPoint Lite(ビットポイント/ライト)

BITPoint Lite

BITPoint Lite
開発元:BITPoint Japan Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

登録のやり方▼

ビットポイント(BITPoint)の口座開設の方法(登録から本人確認まで)

親会社は東京証券取引所に上場するリミックスポイント。

取引所を運営している会社は株式会社ビットポイントジャパンというところです。

取引手数料がまず無料なのと、スプレッドが小さいので、かなりお得。

資本金は約44億円で、国内トップクラスの金額です。

資本金のお金が会社にプールされているとは限りませんが、資本金の多さは、ユーザーさんにとっては安心できる材料といえますね。

アプリについて
  • 買いたい・売りたい数量を入れて注文するというシンプルなシステム
  • 指値ができないのである程度取引に慣れた人には向かない面がある
  • 設定で画面ロックが可能
  • 資産サマリーでは持っている資産(仮想通貨)が一目でわかる
NEWS
  • イメージキャラクターにサッカーの”本田圭佑”選手を採用
  • ビットコイン3,000円相当分がもらえる(期間限定)
  • ウェブサイトのリニューアルで、セキュリティもさらに強化される
  • 初めての方のためにセミナーを全国各地で開催

海外の仮想通貨取引所アプリ

英語で書かれたりしているものの、良いデザインのものがありますし、

いろんなアルトコインを買うことが可能です。

英語が苦手、、という方にもわかりやすいように、使い方や見方を別ページで解説しています。

アプリをリリースしていないところもあり、しかも日本人の登録を停止しているところもありますので、国内の取引所と比べると、少ない数の紹介しかできませんが、ここでは2つをピックアップします。

1.Binance(バイナンス)

Binance - Cryptocurrency Exchange

Binance – Cryptocurrency Exchange
開発元:FrontierOne Software
無料
posted withアプリーチ

日本人にも有名なバイナンス。

取引量は世界トップクラスで、手数料も安いですね。

仮想通貨を売買するときにかかる取引手数料は一律0.1%になっています。

日本語対応でなくなってしまったのが残念ですが、Google翻訳の設定が可能です。(Web版に限る)

バイナンスが発行するバイナンスコイン(通称:BNB)を取引に使用すると手数料を半額にすることもできますね。

登録方法▼

バイナンス(Binance)の登録方法、使うメリット、リスクについてわかりやすく解説します
注意
一日の登録できる人数に限りあり。なので登録に時間がかかる場合があります。登録自体の手続きは簡単です。
アプリについて
  • 海外の中でも使いやすいとの評判がある
  • 国内の取引所(bitbankなど)を使ったことのある人であれば、英語表示でも操作がわかりやすい
  • 設定(Setting)からダークモードのデザインにすることができる
  • 仮想通貨の値段を日本円表示にできる
  • チャートでは、デプスチャートがとくに視覚的にわかりやすい
  • Touch ID(指紋ロック)の設定も可能

2.Bitmart

BitMart - Crypto Exchange

BitMart – Crypto Exchange
開発元:GBM Foundation Company Ltd
無料
posted withアプリーチ

バイナンスも最近2017年にできたばかりですが、ビットマートも最近オープンしたばかり。

2018年に設立された海外取引所です。

他の取引所と比べて言えることは、手数料の安さでしょう。

取引手数料0.05%というトップクラスの安さです。

もちろんバイナンスのようにトークンを使って割引になるということではなく、最初から0.05%という設定。

登録方法▼

Bitmart Exchange(ビットマートエクスチェンジ)の登録方法・口座開設と使い方
アプリについて
  • ビットバンクに似たデザインになっている
  • 取引画面(チャート)がスマホからでも見やすい(スマホにより最適化されている)
  • 指紋認証やパターン認証の設定が可能

仮想通貨を大事に保管できるウォレット(財布)のアプリ

ウォレットについては大きく種類分けすることができます。

例えばウェブ版のウォレット、小型端末のハードウェアのウォレット、各自、紙などを用意して秘密鍵などをメモしておくペーパーウォレットなどです。

ここでは、安全性が高いと言われているもので、アプリがあるものを紹介しますね。

1.Copay(コペイ)

Copay Bitcoin Wallet

Copay Bitcoin Wallet
開発元:BitPay, Inc.
無料
posted withアプリーチ

ダウンロードは▽

Copay無料ダウンロードはここから

ビットコインしか保管できませんが、比較的有名でダウンロード数もそこそこあります。

海外で開発されたものですが、使いやすいデザインなので、初心者の方もすぐに使い始めることが可能。

ウォレットを作成するのも簡単です。

バックアップを取っておけば、スマホを機種変更したり、アプリを消してしまっても元どおりに使えます。

アプリについて
  • 一部英語の表示があるものの、日本語にも対応している
  • マルチシグを採用しているため、安全性が高め
  • 対応通貨はビットコイン(BTC)のみ

2.Ginco(ギンコ)

Ginco - 仮想通貨ウォレット

Ginco – 仮想通貨ウォレット
開発元:Ginco Inc.
無料

ダウンロードは▼

Ginco無料ダウンロードはここ

日本の会社(東京都渋谷区、株式会社Ginco)が開発したウォレット、Ginco。

ウォレットの役目である仮想通貨の管理がスマホからできるだけでなく、仮想通貨やトークンを無料でもらえるAirdrop機能も搭載。

そして秘密鍵を個人の端末のみで管理する(クライアント型)ため、不正なアクセスを完全ブロック、つまりセキュリティがしっかりしています。

普通、秘密鍵を例えば開発元の会社などで保管すると、それだけハッキングのリスクが伴います。

アプリについて
  • とにかく使いやすさを重視した設計
  • Airdrop機能の設定が簡単、ボタンを押しておくだけで、仮想通貨やトークンがもらえる
  • ビットコインはもちろん、イーサリアム、リップル、イーサリアムクラシックなど幅広い仮想通貨が保管できる
  • 入金と送金画面も見やすいデザイン
  • iOSのみ対応だが、Android版もリリース予定

3.もにゃ

もにゃ − 暗号通貨が全部入りウォレット

もにゃ − 暗号通貨が全部入りウォレット
開発元:GLOBAL GEAR, K.K.
無料
posted withアプリーチ

無料ダウンロード、サイト詳細は▽

無料ダウンロードはここから

『もにゃ』もアプリがリリースされており、ビットコインだけでなく、モナコインやトークンも保管できます。

ICOでの受け取りトークンによくある規格、ERC20トークンにも対応しているので、結構、利便性は高いといえます。

国産の仮想通貨とも言われるモナコインやBitzenyなどに対応しているところが特徴的です。

アプリについて
  • ちゃんとしたガイドがあるので、初心者でもすぐに使える
  • 仮想通貨の保管のほか、決済にも使える
  • マルチシグの設定でさらにセキュリティが強化できる
  • Zaif Paymentとの連携ができる

仮想通貨の相場や取引高やICOなどの情報がチェックできるアプリ

仮想通貨に投資していると、他の投資している方たちの動きや、どんな仮想通貨があるんだろうと知りたいときもあります。

とくに儲けること目的で仮想通貨を買っていると、相場は常に気になるところ。

スマホ中心でやる人はとくにアプリは利便性が高いです。

1.CoinMarketCap(コインマーケットキャプ)

CoinMarketCap.com

CoinMarketCap.com
開発元:CoinMarketCap
無料
posted withアプリーチ

サイト版はかなりアクセス数もあり、情報の網羅性は高いです。

仮想通貨の値段を日本円表示にできるので、便利。

アプリもリリースされているので、スマホから相場の流れをチェックしたり、取引所ごと、また仮想通貨ごとの取引量を調べるのにも向いています。

アプリについて
  • 日本円(JPY)での表示設定が可能
  • Webサイトと比べると情報量は劣るが、あらゆる仮想通貨の価格がチェックできる
  • ウォッチリストで、気になる仮想通貨をリスト化すれば、価格が網羅的にチェックできる
  • 英語対応のみ、ただ英語を知らなくても充分使える

2.コイン相場

コイン相場 ビットコイン&仮想通貨チャート, ニュース, ウォレット,ポートフォリオ

コイン相場 ビットコイン&仮想通貨チャート, ニュース, ウォレット,ポートフォリオ
開発元:Coincheck, Inc.
無料
posted withアプリーチ

とくに都内で大々的に広告されたこともある『コイン相場』。

ダウンロード数も多く、情報も整理されていて見やすいです。

ICOの情報も参照できるので、相場のチェックだけじゃなくて、良い案件をリサーチしておくことができます。

アプリについて
  • メニューのピックアップで、最新の情報をチェックできる
  • ICO案件を一覧でチェックできる
  • ウォレット機能がある
  • メニューのマーケットでは、各取引所や仮想通貨の価格の動向が一目でわかる

3.Cryptopush(クリプトプッシュ)

Cryptopush(クリプトプッシュ)仮想通貨取引支援

Cryptopush(クリプトプッシュ)仮想通貨取引支援
開発元:cryptofolio inc.
無料
posted withアプリーチ

クリプトプッシュとは簡単にいうと、仮想通貨の取引量を自動でチェックしてくれて、取引量が増えてくると知らせてくれるアプリです。

仮想通貨取引をサポートしてくれるという位置付けです。

取引量が増えれば、その仮想通貨に注目している人が多いことを一般的には意味しますね。

なので価格も動く可能性が高まります。

常に相場を監視、チェックしておくことは専業トレーダーならともかく、できない人が多いでしょうから、忙しい方はとくに重宝する場面もあるかと思います。

アプリについて
  • 出来高(取引量)の急変時にスマホから通知を受け取ることが可能
  • バイナンスなど海外の取引所の出来高を監視(対応していない取引所がありますので注意)
  • 有料版と無料版がある

セキュリテイをアップする|ダウンロード必須の2段階認証アプリ

2段階認証は知っているよという方は多いはずです。

海外でも国内でも、2段階認証は必須と言っていいほどで、なるべく早い段階で設定しておきたいところ。

仮想通貨の取引所に限らず、銀行や通販サイトでも2段階認証は出てきますよね。

取引所と2段階認証
取引所にアカウントを持つと、はじめに設定しておきたいものです。国内では設定必須のところがほとんど。アカウント保護だけじゃなく、資産の保護にもつながりますよ。

1.Google Authenticator(オーセンティケーター)

Google Authenticator

Google Authenticator
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ

仮想通貨の取引所では、海外も含めこのアプリが一番使われています。

ご存知、グーグルが提供する認証専用アプリです。

アプリについて
  • 6ケタの数字を一定時間ごとに生成
  • 画面を開くと、コードがすぐに確認できるので素早く認証ができる
  • バーコードスキャン機能がついているので、QRコードを読み取ることもできる
  • 操作はシンプルで、初めての方でも使い方を少し覚えるだけで使いこなせるようになる
  • もちろん日本語対応

2.IIJ SmartKey(スマートキー)

IIJ SmartKey

IIJ SmartKey
開発元:Internet Initiative Japan Inc.
無料
posted withアプリーチ

このアプリも、使いやすさではトップクラスです。

MVNOの会社が提供するアプリでスマートキーと言われます。

仮想通貨取引所での2段階認証では、グーグルのアプリを推奨しているところが多いですが、ビットバンクなど、このスマートキーのアプリを使うことができます。

デザインもシンプルで良いですね。

アプリについて
  • Google Authenticatorと互換性がある
  • 日本語に対応している
  • Touch IDの設定やアプリを閉じたときでバックグランド再生になっているときにロックができる

まとめ

仮想通貨に関係するアプリをざっと数えてみたら100近くあり、実際はもっとたくさんの数のアプリが出ているようです。

今回は、日本人が開発したもの・日本語に対応しているものを中心にピックアップしてみました。

ダウンロードはすべて無料ですので、ぜひ試してみてください。

“まとめ”
  • 日本にある取引所は2018年夏現在、15ほどありますが、アプリをリリースするところが多い
  • 取引所のアプリでは、2段階認証、仮想通貨の売買、入金・出金、さらにFXまでできるものがある
  • 海外の取引所は英語しか対応していないものもあり、ダウンロードが少々面倒だったりすることもあるので注意
  • ウォレットアプリはたくさんあるが、なるべくセキュリティの良いものを選んだほうがいい
  • 仮想通貨の相場・情報をチェックできるアプリもたくさんリリースされている
  • 2段階認証のアプリはグーグルのものがダントツ有名

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です