今話題の仮想通貨とは?仕組みをわかりやすく解説します

仮想通貨とは何か?

昨今何かと注目を集めているビットコインですが、

新聞やニュースでもかなり頻繁に見かけるので、興味を持っている人も多いですよね。

このビットコイン、その価値が、今や数千万倍にもなっています。

(初期は1BTC=0.07円でしたが、2017年末に、一時1BTC=220万円まで上昇しました)

世の中には、1500種類以上の仮想通貨がありますが、ビットコインも仮想通貨の一種です。

この仮想通貨は別名、『暗号通貨』とも呼ばれています、文字通り、暗号技術が使われているからです。

ビットコイン投資を始める前に、そもそも仮想通貨とは何か?を知っておくべきだと考えます。

この記事ではとくに初心者向けにできるだけ簡単に解説をしていきますね。

仮想通貨を知る上でおさえておきたいワードは

  • ブロックチェーン
  • マイニング

このほかにも仮想通貨のことを調べたりすると、色んなワードがでてきますが、この二つのワードは重要なのでまず押さえておきましょう

仮想通貨は電子マネーと同じ?

仮想通貨はよく「電子マネー」に例えられます

電子マネーと同じように仮想通貨でも買い物ができますし、どちらもインターネットを介して処理がされますからね。

しかし、仮想通貨は電子マネーと似ていますが、まったくの別物です。

仮想通貨が電子マネーと異なる点は、

特定の管理者(発行元)がいない

取引所で投資(売買)ができる

価値が変動する

では、身近なものを例に出しながら、ひとつひとつ説明していきます。

まず、仮想通貨は電子マネーのように

「特定の管理者」が存在しません。

JRの「Suica」や、セブンイレブンの「nanaco」のように発行元がいる訳ではありません。

そして、「価値が変動する」という意味ですが、これは株をイメージしてください。

ほしい人がいればいるほど、一般に株価が上がります。逆に、売りたい人が多くなると株価が下がるわけです。

仮想通貨も、大まかにいうと上の仕組みで価値が変動しています。

また、仮想通貨取引所(日本国内に10か所以上あります!)を通して、仮想通貨を売ったり、買ったりもできます。

価値が変動するので、安い時に買い、高くなった時に売れば利益が出ます。だから、投資の対象になるわけです。

仮想通貨は電子マネーと同じように買い物ができるが、値段が変動することで投資の対象にもなる。

このように覚えておきましょう。

仮想通貨と電子マネーが異なる大きな点にその仕組みを支える「ブロックチェーン」という言葉が関わってきます。

ブロックチェーンとは?

 

仮想通貨を理解する上で、「ブロックチェーン」という言葉がかなり重要です。

なぜなら、ブロックチェーンは仮想通貨を支える技術だからです。

複雑なので、図も使って説明します。

ブロックチェーンとは取引データです。

例えば、「AさんとBさんの間で1ビットコインの送金が行われた」といった取引のデータのいくつかをひとまとめにして、ブロックに入れます。

(ブロックは目に見えないものです、情報のかたまりだとイメージしてください)

そして、データの入ったブロックたちを鎖状につなげていきます。

こうすることで、ハッキングやデータの改ざんを防止します。

また、こうしたブロックチェーンが置かれているネットワークは、P2P(Peer to Peer)と呼ばれていて、

個人同士のパソコン等が直接結ばれています。

下がイメージ図です。

ブロックチェーン

ネットワークの中央にシステムを管理する機関はありません。(たとえば銀行のシステムには中央機関があります)

ブロックチェーンでは、データが改ざんされたり、盗まれたりしないために、「Aさん、Bさんの間で送金があった」などというデータのチェックがされています。

ただし、チェックする機関があるわけではありません。

先ほどの話とも関連しますが、P2Pネットワークにつながった人同士がチェックを行います。

まとめると、特定の機関ではなく利用者によって、送金の証明をし合うためにチェックをする、それがブロックチェーン技術と考えて下さい。

このチェックをしていく過程が次に説明する「マイニング」と呼ばれるものです。

マイニングとは?

ブロックチェーンを支えるのがマイニング(採掘)です。

上でデータをチェックしていくことだと説明しましたが、具体的にやっていることは、コンピュータによる計算作業です。

送金を暗号化したものを、解読する為に計算を行なっているんですね。

このマイニングに成功すると報酬として仮想通貨がもらえます。

これがマイニングのすごいところ。

ゼロから仮想通貨を生み出すわけで、計算の際、電気代などのコストが発生しますが、仮想通貨の価値がコストを上回る限りでは、マイニングで儲けることができます。

マイニングの要点はこの通り。

・複雑な計算をしないといけないので、高性能のパソコンが必要。

 

・速く計算をしないと、通貨がもらえない場合あり。

どういうことかというと、パソコン1台あれば、すぐにマイニング成功!というわけではないんです。

ビットコインの価格が上がるに連れどんどん、計算が複雑になってきています。

何台もパソコンが必要になったり、それに伴ってかなり電気代がかかったりします。

また、他の誰かがいち早く計算を終えてしまうと、自分は報酬をもらうことができません。

(※通貨ごとにシステムの違いがあるため、全ての通貨のマイニングに当てはまる話ではありません)

これは、仮想通貨には発行される上限が決まっているので、マイニングをしさえすれば、いかなる場合でも報酬を与えるというわけにはいかないからです。

(ちなみに、ビットコインの発行上限は、2100万枚。)

イメージしにくいかもしれませんが、送金の手伝いをマイナーと呼ばれるマイニングをする個人などが手伝っていると覚えておけば大丈夫です。

以上が、大体の仮想通貨の仕組み(主にビットコイン)のざっくりとした話でした。

あくまでも技術的なことで、覚えなくとも仮想通貨に投資したり、利益を出すことは可能です。

仮想通貨の種類はいろいろある

仮想通貨には種類がたくさんあります。大きく分けると、

・ビットコイン

・アルトコイン

です。

アルトコインという名前の通貨があるのではなく、ビットコイン以外の仮想通貨をまとめてアルトコインと呼んでいます。

なぜこんな種類があるのかというとそれぞれの通貨によってできることが違うからです。

その数はなんと1500種類以上。

ここでは市場規模も参考に代表的なものをご紹介します。

代表的な仮想通貨一覧です。

  1. ビットコイン
  2. イーサリアム
  3. リップル
  4. ビットコインキャッシュ
  5. ライトコイン
  6. ネム

・ビットコイン(BTC)

市場規模・時価総額1位。ナカモトサトシ氏によって開発されたのではといわれています。

仮想通貨の中では一番有名な存在です。

・イーサリアム(ETH)

市場規模2位、ロシア生まれのプログラマー「ヴィタリック」が開発。

国内の多くの仮想通貨取引所で取り扱いあり。

ブロックチェーンを使っていますが、ビットコインなどと違った特徴があります。

難しい話は省きますが、スマートコントラクトという技術を採用し、例えば、ブロック(色んな情報が詰まったもの)に様々な情報を記述することができます。

・リップル(XRP)

アメリカの会社「リップル社」が開発。社名をとって、リップル。あの有名な「Google」が出資をしています。

このリップルも採用している技術によって特徴づけられています。

決済のスピードが速いのが利点。

三菱東京UFJ銀行は、最近、リップルのこの技術を使ってネットワーク構築することを発表しています。

・ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインから分裂したコインです。

ブロックサイズがビットコインよりも大きく、送金の速度が早いと言われています。

このコインはビットコインを持っているだけで、無料でもらえたのですが、現在では1枚の価格が大きく上昇しています。

・ライトコイン(LTC)

Googleに勤めていたエンジニアが開発。

ビットコインは仮想通貨として一番最初に作られたと言われていますが、ライトコインは、ビットコインの次に開発されたものです。

アルトコインの先駆け的存在になります。

ビットコインが金なら、ライトコインは銀と呼ばれる所以ですね。

大まかに言うと、ライトコインにおいてもそのシステムの特徴は、決済のスピードが速いこと。

一時期、アマゾンで決済に使われるという噂があり高騰しました(今のところ、使われておりません)

ネム(XEM)

XEM=ゼムとも呼ばれます。ネムというのは、もともとはプロジェクトの名称です。

New Economy Movement(略して、NEM) のことで、国家とは関係なく、私的な分野で経済活動を促進していこうというものです。

公平性が重要なキーワードのひとつであり、それによって私的な経済活動が促進されると考えるのです。

とにかくコミュニティの力や繋がりが強いことが特徴で、様々なサービスが開発されています。

 

今回は時価総額が高い有名どころを紹介しましたが、日本国産のコインとして有名なモナコイン(モナーコインともいわれる)などもありますよ。

まとめ

  • 仮想通貨はお金のように支払い(決済)に使える
  • 電子マネーとは違い価格が変わるので、売買の差額分のリターンが狙える
  • 仮想通貨はブロックチェーン技術で動いている
  • ブロックチェーン技術はマイニングによって支えられている
  • 仮想通貨は、ビットコインとそれ以外のアルトコインに大きく分けられる

以上、仮想通貨とはなにか?のまとめでした。

聞きなれない単語や、難しい部分があるので理解しにくいと思いますが、はっきり言って技術面を詳しく理解する必要はありません。

インターネットの仕組みは知らなくても、インターネットを使いこなすことはできますよね。

それと同じです。

注目すべきは、この仮想通貨によってお金そのものや、お金の価値が変わりつつあることです。

ビットコインは数年で価値が数千万倍になっているわけで、その他の仮想通貨でも数百倍というのは珍しくありません。

今や、20代の若者や高校生までもが仮想通貨投資で億万長者になっているため、投資している人としていない人では大きな差がついているんですね。

怖いというイメージを持ちがちですが、日本では法律で正式に通貨として認められているので心配はいりません。

まずは仮想通貨の基礎を学び、気になった通貨を一つ一つ学ぶことから始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です