今登録できる取引所のまとめ|これから仮想通貨を始める初心者向け

一部登録ができない・サービスが始まってないところもあるので、今回は登録ができる所で、

かつ初心者でも簡単に仮想通貨の取引(購入や売却)ができる所を紹介します。

2017年「億り人」と呼ばれる仮想通貨で億以上の利益を上げた人がニュースでたびたび取り上げられていました。

最近でもネット上の記事で男性のインタビュー記事が。

引きこもりニートから「億り人」へ…「カードローン100万円を仮想通貨に突っ込みました」

ハーバービジネスオンラインよりタイトルを引用

週刊現代という雑誌では3万円を800万円にしたサラリーマンの方が取材を受けていました。

逆に、資産価値が半分以下になってしまった人も。

いや減らした人の数の方が当然多いでしょう、株とかどこの投資の世界でもそうです。

まだまだわからない仮想通貨の相場。

損をする人だけでなく、チャンスを掴む人は今後も出てくると思います。

仮想通貨業界のニュース
  • 楽天が2018年夏、みんなのビットコイン(取引所)を買収
  • 2018年はじめ、LINEが仮想通貨事業をはじめるため新会社をスタート
  • Yahoo!が子会社を通して2018年春、ビットアルゴ取引所東京へ資本参加
  • 大和証券が仮想通貨事業に乗り出すことを検討
  • SBIグループが仮想通貨取引所を設立

仮想通貨を買うには取引所への登録や口座開設が必要

まずは、セキュリティの評判の良いところ

簡単に仮想通貨が購入できて、送金も簡単にできるところを選びます。

購入も送金もアプリを使えれば、良いですね。

だいたいアプリだと操作が簡単に感じられるし、実際ユーザさんが使いやすいように工夫されています。

登録・口座開設の流れは?

海外はともかく、日本にある取引所だと、登録と口座開設のやり方はどこも同じような流れ。

若干ハガキや手紙が送付されてくる日数に違いはあるものの、共通してます。

銀行や証券会社の口座開設よりも簡単です。

印鑑も不要です。

  • メールアドレス等でアカウント作成
  • 名前・住所・電話番号等の入力
  • 本人確認書類(身分証などのアップロード)
  • ハガキや手紙が送られてくる
  • 取引スタート
あとは複数、開設しておくのも良いですし、取引所によっては口座開設だけで仮想通貨や現金が手に入るところもあるので、タダで取引(仮想通貨の売買)をすることもできますね。

MEMO
取引所によって買える仮想通貨の種類(銘柄)に違いがあったり、買うのにかかる手数料、そのほか日本円の入金にかかる手数料などに違いがある。

取引所と販売所の違いは?

”取引所”と”販売所”の違いについても知っておきたいですね。

取引所では、仮想通貨をあなたと同じ取引所に登録している別のユーザーさんから購入します。

販売所では、仮想通貨をユーザーさんから買うのではなく、販売所が直接、仮想通貨を売っているので、販売所から買うことになりますよ。

MEMO
販売所は手数料を上乗せした上で、価格を決めます。もちろん固定ではなく、相場の動きに合わせて価格も変動していますよ。上乗せしたらそれは買う側から見ると手数料。スプレッドともいいます。

販売所は取引所よりも取引手数料が高い傾向にあります。

簡単登録で、すぐに取引が始められる仮想通貨取引所

では早速、ユーザーさん目線でお得な順に並べて紹介します。

まずはbitbank(ビットバンク)です。

bitbank(ビットバンク)取り扱い仮想通貨の全部で取引手数料無料!

アプリがリリースされ、性能が良いこと、頻繁に更新がされていること。

そして、何より国内でセキュリティの評判がいいだけでなく、実際に評価をするところから国内でトップの評価をもらった点でオススメできます。

アプリのダウンロードはこちらです▼

ビットバンクが「ICORating」の取引所セキュリティレポートにおいて、国内NO.1の評価を受けました 〈ビットバンク公式サイトのお知らせより 2018.10.10〉

しかもキャンペーン内容もかなりのメリットがあります。

取引手数料が完全無料ですからね。

【延長決定!】全ペア手数料無料キャンペーン延長決定のお知らせ(2019年1月4日まで)

〈ビットバンク公式サイトのお知らせより2018.9.7〉

デメリットは、強いていうならば、入金と出金の手数料が数百円かかるところですね。

ビットコイン・アルトコインでお得な取引をするなら、ビットバンクへの登録がベストです。

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)は取引量トップ、トークンQASHを配布中

続いては、リキッドバイコインで旧名称はQuoine(コインエクスチェンジ)。

もともとアジアを拠点にしていまして、通貨ペアも外国の法定通貨(ドルなど)が混じっていたりと、多いです。

取引量も国内トップクラスです。

それとアプリがアップデートされ、新しくなってさらに見やすいデザインになりました▼

2019年末までには銀行免許の取得を目指しています。

直近12ヶ月で5.6兆円以上の取引高を誇り、現在も成長を続けています。

〈Liquid by Quoine公式サイトより〉

MEMO
取引量が少ない取引所だと自分の出した注文がなかなか通らなかったり、欲しい価格で買えなかったりと不便です。

トークンQASHのプレゼントキャンペーンの詳細は下の通りです。

キャンペーン期間:2018年10月17日(水)〜2018年11月16日(金)23時59分まで!

条件達成で既存のユーザーにも配布、口座開設だけでも3000円相当のトークンQASHがもらえる

現金1000円のプレゼント!大手のDMMが経営するDMM Bitcoin

続いて、DMM Bitcoin。※DMMは販売所になります。

駅前などの電光掲示板や看板を見たことがある方もいるかもしれません。

タレントのローラさんがイメージキャラクターになってますね。

DMM Bitcoinで口座を作ると、現金1000円もらえます。

入金しないともらえないなどの条件はありません。

口座開設者、全員に1000円プレゼント中。

取引高で50万円以上などの条件を満たすと、抽選500名にハードウェアウォレットが当たるキャンペーンもやってます。

ただ当然期間が限られているのですが、結構延長されたりしていて、状況にもよりますがもらえる確率はかなり高いです。

期間が変わるので詳細は公式サイトで確認を▼

上のビットバンク、リキッドバイコインと同様、アプリがリリースされており、使いやすいのも良いところです▼

無料アプリのダウンロードはこちら

取引手数料無料、手数料が安いBITPoint(ビットポイント)

サッカーの本田圭佑さんをイメージキャラクターにしているビットポイント。

入金や出金などの手数料が無料で、仮想通貨を買うときや売るときの取引手数料も無料です。

取引量がまだまだ少ないところがデメリットですが、伸び代がありそうです。

もちろんスマホアプリもリリースされていて、ライト版はまさに初心者用のアプリといえます。

簡単に仮想通貨が買えますからね。

またこの秋のキャンペーンが11月末まででスタートし、3000円相当のビットコインがもらえます

ビットコイン3000円相当分がプレゼント!口座開設と5万円以上の入金が条件です。

BITPointに登録・口座開設を考えている方はこちら▼

口座開設だけでビットコインがもらえるGMOコイン

GMOインターネットで経験されたセキュリティを採用し、今までのところ当然ハッキングなどの問題は起こしていません。

だいぶ前から、口座開設者にビットコインを20000Satoshi分プレゼントするキャンペーンをやっています。

それと9月にビットコインの取引所をオープンしました。

それまではビットコイン含め、販売所のみのサービスでした。

特徴は、ビットコインの取引所であれば、手数料が安いことです。(makerの場合、手数料ゼロ)

販売所だと先ほど言ったように、手数料が上乗せされた上で買値が決まるので手数料が高くつきます。

もちろんアプリがあって、GMOコイン標準アプリのほかに、レバレッジ取引専用の『ビットレ君』もリリースされていますね。

11月からの新規キャンペーン中で手数料=スプレッドが縮小されます

まとめ

まだ始まったばかりともいえる仮想通貨ですが、

これから購入をしたいということで参入する方もいると思います。

下げ相場のなか、そろそろ仮想通貨が底値になったとの意見もあり、今後も目が離せません。

“まとめ”
  • 2018年も大手が続々仮想通貨業へ参入(あるいは参入予定)
  • 販売所では販売所から仮想通貨を買う、取引所では登録ユーザーから仮想通貨を買う
  • 各取引所キャンペーンを頻繁にやっている
  • ビットバンク(取引所)は取り扱い仮想通貨全てで取引手数料が無料
  • リキッドバイコイン(取引所)はトークンQASHを配付中、仮想通貨の取引量国内トップ
  • DMM Bitcoin(販売所)は、口座を作るだけで1000円がもらえるキャンペーン中
  • ビットポイント(取引所)は、ビットコイン3000円相当プレゼントキャンペーン実施中
  • GMOコインはスプレッド縮小=手数料が安くなるキャンペーン実施中、また口座開設者にビットコインがプレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です