DMM Bitcoinのアプリの使い方、特徴をわかりやすく解説します

リップルなどアルトコインのレバレッジ取引もできる国内の取引所DMM Bitcoin

今回は、アプリの使い方の解説です。

DMM Bitcoinの特徴やメリットなど▼

  • イーサリアム、リップル、ライトコインなどのレバレッジ取引ができる
  • 1000円程度からレバレッジ取引ができる
  • 口座開設すると、1000円がもらえる(2018年6月末まで)
  • 出金手数料がかからない

アプリを使えば仮想通貨が買えるだけでなく、入金・出金などあらゆることができます。

レバレッジ取引も可能です。

レバレッジ取引だと、相場の動きを読む作業がメインですが、価格が下がっても売り注文から入れば利益を出せることが特徴的です。

そして出金手数料が無料

ほかの取引所ではお金をおろす(出金)とき、数百円の手数料が発生してしまう所が多いため、おトクです。

簡単登録はこちら▼

DMM Bitcoinへの登録はこちら

DMM Bitcoinのアプリでできること(使い方)、操作方法

アプリは見やすいデザインです。

だから、初めて使うときでも操作がしやすいはずです。

はじめに、ログインします▼

メールアドレスとパスワードを入力します▼

(自動ログインを有効にするをオンにすると、次回から入力を省けますよ)

はじめてログインされる方は、このあと、規約に同意をタップして進んでくださいね。

ログインが済んだら、ホーム画面です▼

今の自分がもっている資産が日本円で確認できて、下のほうにメニューがあります。

レートをタップすると、仮想通貨のリアルタイムの値段がチェックできます。

右上の設定をタップすれば、チェックしたい銘柄を追加することが可能です。

(銘柄の行が並んでいますが、行をタップすれば注文画面へいくこともできます)

ホーム画面に戻り、つぎはチャートをみます。

過去、価格がどんな動きをしているかチェックできます。

メニューのチャートをタップします▼

左上のほうにあるレバ(青い丸)というのは、レバレッジ取引(仮想通貨FX)の意味です。

そこをタップすると銘柄を変えれます▼

現物とレバレッジ、チェックしたいペアを選択することが可能です▼

DMM Bitcoinでは現物で、ビットコインとイーサリアムが買えます。

つぎは、メニューのトレードをみます。

よく使うところになるかもしれません。

トレードをタップ▼

チャート画面と同じく、左上で銘柄を変えることができますよ。

下の画面は現物のBTC/JPYペアです。(ビットコインの価格が円で表示される)

そして、赤い枠のところで注文方法が選べますね▼

注文方法は、即時・指値(逆指値も可能)・OCOの3つです。

★即時注文に関しては、若干注意が必要です。

確認画面が出ずに、注文ボタンを押したらすぐに発注してしまいます。

つぎに、メニューの入出金です▼

タップすると、日本円の入金をする方法として銀行振込、クイック入金、そのほか仮想通貨の入金・送金ができます。

ここもよく使うメニューです。

それぞれタップするとDMM Bitcoinのサイトへ移動します。

メニューのマーケット情報です▼

右上のベルマークで通知、カレンダーのマークで期間を選択できます▼

最後に、スワップ/証拠金のメニュー。

ここではスワップ(手数料のようなもの)と証拠金がいくら最低で必要になるのか確認できます。

レバレッジ取引をされる方は参考にしてください。

まとめ

アプリのデザインも他の取引所に比べると、カラフルなほうなので、見やすいです。

使い勝手もいいので、スマホから簡単に仮想通貨が買えたり、レバレッジ取引も可能となっています。

仮想通貨は値動きが結構どのコインも激しいので、レバレッジ取引にも向いていますね。

まとめ
  • DMM Bitcoinのアプリはとても見やすいデザイン
  • アプリから現物取引・レバレッジ取引ができる
  • 入金から注文、そして出金までを、アプリからスピーディーにできる
  • 日本円の出金の手数料は無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です