DMM Bitcoinの2段階認証の設定方法について

本サイトにアクセスしていただきましてありがとうございます。

登録はもう済んでいる方が多いでしょうが、まだの方はこちらのリンク▽からすぐに登録できます。

キャンペーン延長中で口座を作ると1000円が必ずもらえ、さらに最大5000円がDMMからプレゼントされます。

2段階認証について

DMM Bitcoinでは2段階認証のやり方として3通りの方法があります。

  1. アプリ認証
  2. メール認証
  3. SMS認証

二段階認証はすぐに設定できて、

セキュリティ上も有効な手段なので、仮想通貨やアカウントを守るためにも設定したほうがいいです。

今回は数分でおわる作業でしたが、そのやり方をスマホの画像を使って説明します。

二段階認証とは、認証コードをアプリなどで発行し、それをログインのときなどに入力するものです

一定時間経つと、すぐにコードは変化するようになっています。

2段階認証とは

自分の設定したパスワードとは別に、認証コードを入力するしくみ。

認証コードは専用アプリや、メールで発行してもらう一時的なパスコードです。

設定はサイトまたはアプリから可能です。

アプリについては、需要があり、ダウンロード数も多いです。

見やすいデザインなのが特徴。

口座をすでにお持ちの方も一度ダウンロードしておくといいかもしれません。

アプリの無料ダウンロードはこちら▼(iOS・Andoroid対応済)

基本情報

・運営会社  (株)DMM Bitcoin
・設立 2016年
・所在地  東京都中央区
・資本金 12億9000万円
・代表者  田口 仁

DMM Bitcoinの登録方法がわからない方はこちら▽

DMMビットコインの登録方法・口座開設|アルトコインの仮想通貨FXが可能な取引所

※口座開設の費用は一切かかりません。

DMM Bitcoin|2段階認証の設定方法

まずはDMM Bitcoinに登録したときのメールアドレスとパスワードでログインをします。

サイトからアプリから、どちらからでもオッケーです。

次はホーム画面からメニューを開きます。

さらに、マイページ トップをタップ▼

右上のところをタップします▼

メニューがでてくるので、そこから各種設定をタップ▼

各種設定を開くと、2段階認証をするところがあります▼

2段階認証は、専用アプリを使うほかにも、メール、SMSで認証コードを発行してもらう方法もあります。

今回は専用アプリで設定をしてみました。

主なアプリが掲載されていて、リンクも貼られているので、まだの方はダウンロードしてください▼

下のほうへスクロールすると、QRコードがあります。

QRコード読み込みの前に専用アプリをダウンロードしてない方は済ませましょう。

カメラを使ってスキャンしてください。

できない方はQRコードのところを長押ししてください。

長押しでやる方は、押すとQRコードが拡大されるので、そのまま上にスワイプしてください。

するとメニューがでます。

今回はGoogle Authenticatorを使います。

Google Authenticatorについて
グーグルが提供する認証アプリ。一定時間ごとに認証コードが変化。アプリを開くと、6桁の認証コードがすぐに確認できます。仮想通貨の取引所の2段階認証ではもっとも推奨されているアプリです。

開くをタップ▼

トークンを追加します、はいをタップ▼

コード(数字)が表示されるので、それを確認して、先ほどのDMM Bitcoinのサイトのほうへ入力します。

カメラでスキャンした方ももちろん、アプリでコードを確認してください。

それを入力して、認証するをタップします

これで設定はおわりです。

仮想通貨を送付するときは2段階認証は必須で、あとはどんなときに2段階認証をするか自分で決めれます。

下の画面にも見えていますけど、チェックマークを入れて、たとえばログイン時に2段階認証するようにするとか自分で決めれます。

チェックを入れるときは、専用アプリに表示されるコードを入力するようになっています。

まとめ

2段階認証を設定すると、メールアドレスやパスワードを盗まれても、ほかの端末からのログインは難しくなります。

セキュリティのためにも、ぜひ設定してみてください。

仮想通貨を守ることにもつながりますよ!

  • 2段階認証は、認証コードをログインや出金時に入力するしくみ。
  • 認証コードは、SMSかメールか、専用アプリで取得する。
  • 2段階認証の設定や、方法の変更はマイページの各種設定からする。
  • 設定は数分で終わる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です