仮想通貨EOS(イオス)の特徴・価格、取引所での買い方について

仮想通貨の中でも人気のあるコインがEOS。

時価総額は5000億円くらいで5位。(2018年9月時点)

1位はビットコインです。

仮想通貨EOS(イオス)の特徴的なところ

ビットコインと比べたら、ずいぶん最近作られた仮想通貨です。

一言で特徴をいうと、

”処理スピードの速さ”

仮想通貨は相手に送金ができますが、送金にはデジタルの情報を処理しないといけません。

このスピードが格段に速いわけです。

ビットコインよりも断然速いですし、アルトコインのイーサリアムよりも何万倍もの速さ。

クレジットカードで有名なVISAを例にすると、処理がわかりやすいです。

誰がどこでいくらの買い物をしたというデータを毎秒処理しないといけませんよね。

それと似たようなものと思ってください。

EOSの使い道
今のところ、ビットコインみたいにお店で支払いに使えるというような使い道はありません。取引所で売買して儲けを出すという風に、投資目的に使われています。

EOS(イオス)の価格について

EOSの発行枚数は全部で10億枚まで

もう発行はほぼ(9割くらい)済んでいますし、今は取引所で売買がされていて、短期間で時価総額5位になりました。

時価総額が高いと・・
みんなが注目している証拠。人気があり、買いたい人が多いということ。

時価総額は、発行枚数×時価

EOSの時価は、今だいたい500円超。(1枚の値段)

EOSの最近の価格がどうなっているのか説明しますね。

この一年間(2017年から2018年)のチャートを見ます▼

左はじが2017年9月、右が2018年9月です。

オレンジ色の丸を2つ書きましたが、ここは高値をつけたところ。

左の丸は、2018年はじめで、一枚約2000円まで上昇。

右の丸は、2018年4月末で、一枚約2300円まで上昇しました。

EOSの相場について
短期のうちに価格の上げ下げが大きい。作られた当初と比べると、7〜8倍の価格上昇。

EOS(イオス)が買える取引所

EOSが買える取引所はそれなりにあります。

ビットフライヤーやビットバンクなど日本でやってる取引所にはEOSは置いてないので、

海外の取引所で買います。

海外の取引所の特徴
登録が面倒くさくない、数分で終わる。置いている仮想通貨の数がかなり多い。手数料が安い。

手数料が安いお得な取引所をピックアップします▼

  1. BitMart(ビットマート)  手数料0.1%
  2. Binance(バイナンス) 手数料0.05%
  3. FCoin(エフコイン)    手数料0.1%

※取引所の名前をタップ・クリックすると登録する場所までいけます。

登録方法がよくわからない方はこちら▼

Bitmart Exchange(ビットマートエクスチェンジ)の登録方法・口座開設と使い方
バイナンス(Binance)の登録方法、使うメリット、リスクについてわかりやすく解説します
FCoin(エフコイン)の登録から入金、取引方法など幅広く解説

EOS(イオス)の買い方

買うまでの流れ
日本円で日本の仮想通貨取引所でビットコインやイーサリアムなどを購入→海外の取引所へ送金→EOSを注文

繰り返しますが、日本の取引所ではEOSは買えません

もうひとつ、海外の取引所では基本、日本円が使えません

ではビットマートのアプリを使い、実際の画面で買い方を説明しますね。

取引メニューでもいけますが、ホーム画面の右上からも検索できます▼

EOSと入力。

ペアが4つ出てきました。

例えば、EOS/BTCだと、ビットコインを使ってEOSを買うということですね。

EOSの価格も日本円でいくらじゃなく、ビットコインでいくらと表示されます。

今回は、ビットコインとのペアを選択。

この時、一枚の値段は、0.0000769BTC(日本円で530円くらい)。

緑の購入ボタンをタップすると、次の画面です▼

買いたい値段(❶)と欲しいEOSの数量(❷)を入力して購入を押します。

次に、EOSでレバレッジ取引ができるところも説明します。

EOS(イオス)の先物取引・レバレッジ取引ができるところ

先日、CryptoGTというレバレッジ専門の取引所で扱いがスタート。

EOS/JPYのペアで、EOSのレバレッジ取引ができます。

※EOS/USD・EOS/BTCのペアも今後追加予定

レバレッジ倍率は200倍。

登録方法は▼

CryptoGT(クリプトGT)の登録方法/口座開設と使い方
レバレッジとFX・先物取引
レバレッジがあるので、少額の資金で、現物(仮想通貨)の売買より稼げる。リスクも現物より大きい。FXや先物などでは、価格が下がることを予想してその通りになれば稼げる方法もある。

他にもBitMex(ビットメックス)でEOSの先物が可能。

EOSトークンのレバレッジは20倍が最大。

CryptoGTよりもリスクは小さいです。

レバレッジが10分の1に抑えられてますからね。

BitMEXでの取引量はまだまだ少ないですが、現物以上の利益が狙えます。

登録方法は▼

BitMEX(ビットメックス)のカンタン登録方法と使い方|リップルなどの仮想通貨FX取引所

まとめ

短期のうちに仮想通貨に投資する人たちの人気を集めたEOSトークン。

今後の価格に注目大です。

“まとめ”
  • EOS(イオス)は仮想通貨の中でも時価総額トップクラスの人気トークン
  • 処理スピードの速さが特徴
  • 使い道は特にない
  • 価格が当初と比べるとかなり上昇した
  • 海外の取引所でEOSは買うことができる
  • CryptoGTやBitMEXでは、EOSの先物・レバレッジ取引ができる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です