FCoin(エフコイン)の登録から入金、取引方法など幅広く解説

海外の取引所FCoinについて幅広く解説していきます。

特徴的なシステムでユーザーさんからの人気を獲得し、結果、取引量も急激に増えた取引所です。

海外の仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)について

・設立 2018年5月
・本拠地 中国
・特徴的なシステム 取引所マイニング
・登録所要時間 数分程度
・取引手数料 0.1%(例外あり)

FCoinは大手の海外取引所Huobi(フオビー)の経営者だったZhang Jian氏が作りました。

仮想通貨やトークンのラインナップに特徴があり、まだまだ銘柄は少ないものの、今後は増えていくことが予想されます。

取り扱い仮想通貨とトークン
  • ビットコインやライトコイン、イーサリアム、リップルなどの仮想通貨のなかで時価総額の高いメジャーなコイン
  • オミセゴー(OMG)、イオス(EOS)など比較的最近になって発行され、急激に価格上昇したコイン
  • FTという取引所が発行しているトークン

FCoin自体が発行する取引所トークンの【FT】を持っていると大きなメリットがあります。

あとでトークンのところで説明しますが、

取引所の利益の分け前がもらえる仕組みです。

海外の仮想通貨取引所はたくさんあり、FCoinと同じで中国にあり、

取引手数料のマイニングを採用することを決定したバイナンスという大きな取引所もありますね。

手数料が安く、仮想通貨の取り扱いが多いし、取引量も多いため、

Binanceも口座を持っておいて充分メリットのある取引所の1つです。

Binance(バイナンス)をみる▼

バイナンス(Binance)の登録方法、使うメリット、リスクについてわかりやすく解説します

FCoin(エフコイン)を使うメリットとデメリット

FCoinには取引所におけるマイニングという、収益をユーザーさんに配るシステムを採用していることもあってか、取引量を急激に伸ばしました。

アプリ『コイン相場』から画像を抜粋

2018.8月末時点、以前取引所ができた当初は取引量がトップ5に入るなど勢いがすごかったです。

正直、これはお得なシステムです。

収益を配当としてもらうには仮想通貨を売買するだけでOK。

何か特別に手続きをする必要はありません。

また、FCoinのWebサイトの話しですが、英語が使われています。

ほかに中国語の設定もできるものの、日本語に設定をするのは無理です

ただ海外の取引所に慣れた方だといつも見るような英語が使われているので困ることはないのかもしれません。

初めて英語の取引所サイトを利用するという方はGoogleなどで、翻訳サービスを利用してください。

本サイトでも、登録や入金など操作に困ることがないよう最低限の英語については説明しています。

FCoin(エフコイン)の登録のやり方&2段階認証の設定

登録はメールアドレスの入力から始めて、パスワードの設定など数分で完了します。

2段階認証の設定もカンタンで、アカウント保護、仮想通貨などの資産を保護に役立つものです。

2段階認証の専用アプリのダウンロードはこちら▼

Google Authenticator

Google Authenticator
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ
2段階認証とは
通常、パスワードの他に、もう1つのパスコードを利用し、専用アプリを特定の端末で開かないとログインなどができないようにする仕組み。他の人がメールアドレス、パスワードを盗んで他の端末から勝手にログインしようとしても、できないようになります。

最初は登録方法からです。

まずWebサイトへアクセスします。

注意
2018年8月末時点ではβ版の提供のみ。β(ベータ)版とはサンプルみたいなもので、今後正式なシステムがリリースされる予定。

登録のやり方

全画面ではなく、一部拡大した画像です。

登録はPCからですが、スマホ、タブレットからでもできます。

◆PCの方はタップとあるのをクリックと読み替えてください。

サインアップ(登録)のところでメールアドレスを入力▼

Sign up〜

同じ箇所ですが、メールアドレスを入れた後、私はロボットではない(not robot)をタップしてチェックを入れ、確認(Confirm)ボタンをタップします。

次の画面で、ユーザー名(Username)から好きに決めて入力していきます。

パスワード(Password)確認(Confirm)の項目もあるのでパスワードは同じものを2回入力することになります。

注意
パスワードはアルファベット大文字を1文字以上は入れてください。また@〜&()などのスペシャルキャラクター(特殊文字)というのも1文字以上入れるようにしてください。

上の画像で、コードの欄には、Verification Codeといって認証コードがメールで届く▼ので、メールに書かれたコードを入力してください。

コードが届いていない方は、再送(Resend)のところをタップします。

Referralは紹介コードの入力欄ですが、空欄のままで大丈夫です。

(入力するかどうかは自由Optional)。

I agree〜ルールなどに同意しますにチェックを入れ、サインアップのボタンをタップして登録は完了です▼

これで登録は完了で、ログインができるようになります▼

登録したアドレスとパスワードを入力し、サインインをタップします。

三本線が入った丸いボタンを矢印の方向にスライドさせると、パズルのピースもそれに合わせて動くので、形を合わせます。(ピースを穴に埋め合わす)

ここでコードが記載されたメールが届くと思います。

もしかしたら届かないでそのままログインできる人もいるかもしれません。

下のような画面が表示された人は、メールに載っているコードを入力し、送信(SUBMIT)ボタンをタップします。

初めてログインされる方は下の表示が出るかもしれません。

赤い枠内には、アカウントのセキュリティレベルをアップさせるためグーグルのアプリを使ってくださいと書かれています。

2段階認証のことですね。

このまま設定する方は、Go to setをタップします。

2段階認証の設定方法(推奨)

Go to setをタップするか、下記の方法で設定までいきます。

サイトの右上の人のマークのところには自分のユーザー名が表示されていますが、そこのところをタップ▼

Setting(設定)を次にタップ▼

Google Authenticationのところを見ると、ENABLEというボタンがあります。

ここでは設定可能ですというくらいの意味です。

タップしたあとはQRコードと文字列のコードが表示されます。

アプリで読み込むか、それか文字列をコピーしてアプリに入力。

アプリとはGoogle Authenticationのことです。

アプリに、FCoinの欄ができて、6桁の数字(コード)が表示されるので、それをサイトに戻り入力して完了です。

エラーが出たらもう一度アプリで確認して再度入力し直してください。

※アプリでのコードは一定時間経つと変わっていきます。

注意
QRコードか文字列は保管しておいてください。例えばスマホにアプリをダウンロードしていたとして、機種変更した際に、新しい機種でQRコードの読み込みか、文字列を入力すれば元どおり使えます。

FTトークンを持っているとFCoin(エフコイン)から配当がもらえる|取引所マイニング

ここからは、エフコインの特徴である取引所マイニングとトークンについて少し説明します。

取引所マイニング(または取引手数料マイニング)は配当という形でユーザーに収益が還元される仕組み。

じっさい、取引所ができて1ヶ月もすると配当が実施されました。

エフコインが発行するトークンがFTトークンというものでしたが、

このFTトークンを持っていると配当がもらえる権利が与えられます。

具体的には、次のようなルールになっています。

FCoinのホワイトペーパー(計画書)より▼

  • 取引プラットフォームの儲けのうち80%つまり8割をFTトークン所持者に与える
  • 残り2割は取引所の運営費用などに使う
  • 取引所の重要な運営上の判断に参加する権利がある
  • コミュニティの重要メンバーの選定などに参加できる

また、取引手数料は上のほうにも書いたとおり、0.1%ですが支払った手数料は原則、FTトークンとして後から返ってきます。

これもユーザーさんにはメリットのある話です。

FTトークン自体、価格がついているので金銭的な価値がありますしね。

※原則としたのは、FTトークンの発行枚数のうち、51パーセントが払い戻されると手数料返還のシステムが終わるからです。

FCoin(エフコイン)での入金方法

次に、スマホを使い、入金のやり方を説明します。

まずサイト画面の右上ユーザー名がかかれてあるところをタップ▼

メニューが出るので、その中からFinance(ファイナンス)をタップ▼

ファイナンスでは出金などもできます。

BTCとかETHが並んでいて、その横のほうにスクロールします。

PCの方は画面右側だけ見ればいいので、スクロール不要です。

次に、Deposit(入金)をタップ▼

ビットコインのDeposit(入金)をタップした後の画面▼

これはビットコイン専用のアドレスになるので、このアドレス宛にビットコインを他のところから送金することになります。

注意
入金は最低0.001BTCから。0.001未満の数量だと受け付けてもらえません。アドレスは仮想通貨ごとに違うので、BTCのアドレス宛てにETHなど他の仮想通貨を送らないように気をつけてください。

※ビットコイン(BTC)以外では入金の最低数量が違うので注意。

QRコードが見れる画面の下に小さい文字で、Minimum deposit amount(最低入金数量)と書いてあるのでそこの数字を見てください。

FCoin(エフコイン)での取引画面の見方、買い方について

画面右側にBUY(買う)とSELL(売る)ボタンが、あります。

LIMIT(指値)タブとMARKET(成行)タブがあり、

注文方法が選択できます。

通貨ペアは画面上部にあり、プルダウンで選択可能です。

画面右側には取引板があります。

ユーザーさんが注文した分で、いまだ注文が成立していない分は取引板に載ります。

価格(Price)と数量が上下に並んでいくのが通例です。

まとめ

海外の取引所を利用するのは、国内の取引所ではできないことが多いから。

国内の取引所の中には、スプレッドが大きく、手数料分をだいぶ取られるところも結構あります。

例えば数十万円分、仮想通貨を買って数千円から1万円分の手数料を取られるとなると、

かなり割高ですよね。

海外だと、銘柄がダントツ多いのと、何より手数料が安いのが特徴的です。

まとめ
  • FCoinは中国にある海外の仮想通貨取引所
  • FCoinh自身が発行するトークンが、FT(Fcoin Token)
  • 基本の取引手数料は0.1%
  • 手数料還元システムがある
  • 取引所の収益の80%がFTトークン保有者に配当されるシステム
  • 主要な仮想通貨だけでなく、新興の仮想通貨も買える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です