仮想通貨を貸す、増やす!GMOコインの貸仮想通貨サービスとは?

GMOコインと貸仮想通貨(レンディング)について

GMOコインがやっている貸仮想通貨取引

仮想通貨をGMOコインに貸して、期限がきたら、返してもらえます。

貸したお礼に、賃借料(賃料のようなもの)が上乗せされるので、手持ちの仮想通貨の枚数が増えます。

イメージ▼

GMOコインは、国に登録済みの販売所です▼

GMOコインは、現物取引のほか、FXもできます。

口座を持っていればいつでもお取引が可能です。

※口座を作った人には、ビットコイン20000Satoshiのプレゼントキャンペーンをやってます

設立 2016年
代表者  高島 秀行
資本金 17.58億円
所在地  東京都渋谷区

海外の取引所や、国内のビットバンクなども似たようなサービスをやっていますね。

GMOコインの貸仮想通貨サービスのやり方(始め方)と内容

サービスがはじまったのが2018年4月。

ビットコインだけじゃなく、アルトコインの取り扱いもはじめてます。

貸し出す相手は、GMOコインです。

※前提として、GMOコインに口座をもってないと、仮想通貨を貸すことはできません。

口座は最短一日で開設できますよ。

口座のつくり方は▼

GMOコインの登録方法・口座開設について

貸仮想通貨サービスのはじめ方ですが、流れは▼

    1. 募集内容を確認する
    2. 応募をする(申し込み)
    3. GMOコインから返答を待つ
    4. 口座にある仮想通貨を貸し出す
    5. 期限がきたら貸した分が返ってくる。プラス賃借料がもらえる

募集は、いつもやっているわけではありません。(応募の期間がある)

それと、応募(申し込み)しても抽選先着順で、はじかれることがありますので注意してください。

募集の内容は、サイトか、GMOコインからのメールで確認できます。

下の画像は、アルトコイン貸し出しの募集メールです▼

★応募(申し込み)の方法は、募集要項に書いてありますが、たとえば上の募集ですと、以下のようになります。

まずサイトへアクセスし、ログインする▼

メニューの中からサポートを選ぶ▼

サポートの中から新規お問合わせをタップ

必要事項を記入します▼

お問い合わせの種類をプルダウンで、貸仮想通貨にする。

説明のところは、名前や貸したい仮想通貨と量などを入力。

端末やブラウザは、その他にします。

例▼

さいごに、送信ボタンをタップで完了です。

その後は、GMOコインからの返答を待ちます。

応募がもし通ったら(当選といいます)、自分の口座にある申し込んだ分の仮想通貨がGMOコインに移動します。(引き落とし)

期限(決済日or満期)がきたら、貸した分に賃借料が上乗せされて仮想通貨が戻ってきます。

◉GMOコイン貸仮想通貨の2018年5月度の募集内容まとめ

貸せる仮想通貨は、ぜんぶで4種類

仮想通貨
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

貸し出し期間は150日

申し込める量や単位は決まっているので、注意してください。

たとえば、リップルだと、10万未満の数量では申し込みができないです。

また、賃借料をまとめると、

賃借料
  • 100ETHにつき、2.0419589ETH
  • 50BCHにつき、1.02054794BCH
  • 300LTCにつき、6.12328767LTC
  • 100,000につき、2041.0958XRP

GMOコイン貸仮想通貨サービスのメリットとデメリット(リスク)

リスクとしては、途中から契約の内容が変わる可能性があること。

貸し出しの取引は、契約にあたります。

この契約の内容が不利に変更されるリスクです。

(たとえば、賃借料が減らされるなど)。

ただ両当事者が対等な関係の契約なので、可能性としては低いです。

デメリットは、貸している間、その仮想通貨が売却できないこと。

仮想通貨の値段が下がっているときに、はやめに売ってしまいたいと思ったとき、売れないことになります。

貸してる間は、手元にないですからね。

ただ、途中で解約することも可能です。(途中解約)

その場合、解約手数料がかかります。注意してください。

メリットは何かというと、貸して、あとは放っておくだけで、仮想通貨が増えるところです。

期限が来たら、貸した分が返ってくる、プラス賃借料がもらえますからね。

気軽に増やすにはもってこいの方法です。

それに、さっき説明した募集内容だと、全通貨で年率換算は5パーセントになります。

銀行にお金を預けるのと比べたら、約100倍以上の利息(賃借料)をもらえますね。

※賃借料がもらえる日は、貸した仮想通貨を返してもらえる日と同じです。

まとめ

貸仮想通貨(レンディング)は、手軽に仮想通貨を増やす方法です。

ほかにマイニングも、仮想通貨をもらう・増やす方法ですが、コストがかかりますからね。

では、さいごにまとめて、終わりにします。

まとめ
  • GMOコインは2018年4月に貸仮想通貨サービスを開始
  • サービス利用のためには、GMOコインに口座をつくることが必要
  • 貸仮想通貨は、期間ごとに募集がある
  • GMOコインでは、アルトコインの取り扱いもはじめている
  • 募集に対して、申し込みをする仕組みになっている
  • 状況により、申し込みをしても、サービスが利用できないこともあるので注意
  • 貸し出し先は、GMOコインで、貸出期間がある。
  • 期間中は、GMOコインの口座に仮想通貨は移る
  • 満期がきたら、賃借料がもらえる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です