GMOコインのアルトコインFXについて

GMOコインのFXについて

仮想通貨の売買にはない魅力があるFX

売買益よりも、さらに大きな利益を出すためのFXのレバレッジ機能。

GMOコインでは、ビットコインだけでなく、アルトコインのFXもできます。

FXは知っている方もたくさんいると思いますが、

相場が上がると思ったら、買い注文を入れ、そのあと決済をする仕組みです。

逆に、下がると思ったら売り注文から入ります。

売買益は、相場が上がらないと生まれませんが、FXは下げ相場のときも利益が出る仕組みをもっています。

レバレッジは、倍率が高ければ高いほど、大きな利益が期待できるものです。

GMOコインで実際にFXを始めてみようと思えば、すぐにできます。

ビットレ君という専用のアプリもありますよ。

口座を持っていればFXがすぐに始めれますので、まだの方は、

下の記事も参考にしていだだければとおもいます。

GMOコインの登録方法・口座開設について

公式サイトはこちら▼

銘柄倍増!GMOコインのFXに、アルトコインが追加

FX銘柄
  1. ビットコイン
  2. イーサリアム
  3. ビットコインキャッシュ
  4. ライトコイン
  5. リップル

2018年5月、アルトコインの取り扱いがスタートしたばかりです。

ビットレ君の使い方や画面の見方はこちら▼

GMOコインのFX専用アプリ|ビットレ君の使い方、操作方法の説明

国内ではほかにもFXをやっているところはありますが、

GMOコインは銘柄が豊富、少額1000円程度からでもFXができる、したがって練習ができる・リスクを小さくできるなどのメリットがあります。

DMM Bitcoinも少額から可能で、銘柄が豊富という点では似たところがあります。

ただし、GMOコインは、スプレッドがより狭い傾向がある、たまにスプレッド割引キャンペーンをやっていたりとお得な印象です

スプレッドは、買値と売値の差額。

差額が広ければ、その分実質手数料がかかってくるイメージです。

レバレッジは、5倍・10倍がありますが、ほかの取引所ではビットバンクトレードのように最大20倍と高倍率のところもありますね。

5倍・10倍だと、リターンは少ないかもしれませんが(現物取引よりは大きい)、リスクをおさえることが可能です。

ビットレ君の画面では、ログイン後、銘柄のメニューで各通貨を選ぶことができます▼

全銘柄が一覧で見れます、取引をしたい通貨のところをタップすれば、

注文画面へ行けますね▼

まとめ

GMOコインのFXの銘柄にアルトコインが追加されたことにより、

幅広い仮想通貨でFXが可能になりました。

相場や値上がり率など各通貨で当然違うので、各相場に合わせた、幅広い取引も可能になりました。

アプリからは即時入金もできますので、投資したいと思ったときにすぐに取引が可能です。

 即時入金には手数料はかかりません

※GMOコインに口座を作ると、全員ビットコインがもらえます。

  • 2018年5月、GMOコインがFXでアルトコインの取り扱いを開始
  • 国内では、トップクラスの銘柄数
  • FX専用アプリやGMOコインのサイトからFXができる
  • 銘柄はビットコインやリップルを含む、5つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です