GMOコインでのリップルの買い方・購入方法を、わかりやすく解説

仮想通貨をすぐに購入・売却できる国内の販売所、GMOコイン

今回は、GMOコインでのリップルの購入方法の説明です。

入金方法はこちら▼

GMOコインでの入金・出金方法

GMOコインは、もちろん金融庁に登録を済ませてあり、よくCMでもセリフを耳にしますが、

安心のセキュリティ対策を採用しています。

スプレッドが高いとの評判がありますが、ほかの国内の販売所と比べても安い(小さい)設定ですし、

過去には、スプレッドを安くするキャンペーンを何度かやってきました。

2018最新ニュース
販売所のほか、ビットコインが板取引できる取引所をスタート。取引手数料はmakerだと無料、takerだと0.1%です。

新取引所について▼

GMOコインにビットコイン取引所が開設、手数料、板取引のメリットなども解説します
設立  2016年10月
代表者  高島 秀行
資本金  17.58億円
所在地  東京都渋谷区

リップルの買い方・購入方法(スマホから買う)

GMOコインは、時価総額トップ10に入る人気の仮想通貨を中心に販売しています。

2018年6月にアプリをリリース。

アプリからでもリップル(XRP)を買えます。

GMOコインで買える仮想通貨
  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. ビットコインキャッシュ(BCH)
  4. ライトコイン(LTC)
  5. リップル(XRP)

話題に事欠かないリップル。

仮想通貨の中でもニュースがたくさんあります。

国際送金での活躍が現実になってきました。

時価総額は、ビットコイン、イーサリアムに次いで、ランキング3位。

リップルの情報や基本的なことについては、こちら▼

リップルとは?使い道や将来性、今後の価格についてわかりやすく解説します

リップルの買い方(画像はスマホより)

サイトへアクセスしたらログインします。

そして、ホーム画面の左上にあるメニューをタップします▼

つぎに、仮想通貨現物売買をタップして注文画面へいきます▼

ほかに、先ほどのホーム画面から下へスクロールして注文画面へいくこともできますよ▼

つぎに注文画面の説明です▼

まず青い枠の中にある表示がリップルになっていることを確認。

(なってない方はプルダウンで選べます)

その下の赤い枠の中は注文方法の選択で、金額指定と数量指定をタップして選べます。

売却価格と購入価格はつねに変動していて、これは1リップルの値段を意味してます。

今回は、買い注文なので、購入価格を見ます。

では、まず金額指定を選択した場合です▼

①をタップして②で金額を入力。

10000円分のリップルを買いたいので、②に10000を入力しました。

最後に③をタップすれば、注文確認画面へいけます。

数量指定の場合です▼

①をタップして、②で欲しいリップルの数を入力します。

③のところで必要な金額が表示されてますね。(画面では10,020円)

最後に③をタップして注文確認画面へいけます。

つぎは注文確認画面です▼

6秒以内に確定をタップします。

できなかった場合は再度入力し直してください。

下の画面にある表示がでれば注文完了です▼

ホーム画面では買ったリップルが資産に追加されています▼

注文完了したら、下のようなメールがGMOコインから届きます▼

まとめ

このページの内容を最後にまとめます。

GMOコインでは今年夏にビットコインの取引所をオープンしましたが、

今後も注目すべきで、リップルとかのアルトコインも板取引ができるようになれば、ユーザーさんがさらに増えそうですね。

まとめ
  • GMOコインは、グループ会社がもっているセキュリティを採用している
  • GMOコインは国内の仮想通貨の販売所(ほかに仮想通貨FXもできる)
  • 仮想通貨の購入は、誰でも簡単に、かつ、すぐにできる
  • 見やすい作りになっているので、はじめて購入される方にもわかりやすい
  • 購入は、買いたい金額分を指定するか、欲しい数量分を指定しておこなう
  • 購入後は、すぐに仮想通貨が手に入る

口座開設でもれなくビットコインがもらえるキャンペーン継続中。 

日本円の出金手数料無料などメリット多数

GMOコインの仮想通貨FXについては▼

GMOコインのFX専用アプリ|ビットレ君の使い方、操作方法の説明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です