GMOコインの2段階認証の設定方法について

二段階認証とGMOコインについて

GMOコインでの2段階認証のやり方を解説します。

設定したあとは、ログインなどの際に、認証コードを入力するようになります。

用意するのは専用アプリだけです。

設定は簡単で、すぐにできますのでやってみてください。

そもそも、なんで2段階認証が必要か?ですが、勝手にログインや出金などをされないため。

セキュリティ上のことです。

自分が持っている仮想通貨を守ることにもつながりますね。

だから2段階認証は必須です。

仮想通貨の取引所ならどこでも2段階認証の設定をユーザーさんにすすめていますね。

2段階認証とは

自分の設定したパスワードとは別に、認証コードを入力するしくみ。

認証コードは専用アプリや、メールで発行してもらう一時的なパスコードです。

・会社名 GMOコイン株式会社
・免許  金融庁に登録済み
・資本金 17.58億円
・設立 2016年10月
・所在地  東京都渋谷区

二段階認証の設定のやり方について(スマホから)

GMOコインでは、登録した携帯電話のSMSで二段階認証の設定をしないと口座開設が完了しないので、すでに口座開設が終わっている人は、SMSでの認証になっているはずです。

開設時の設定方法については、登録方法のところで説明しています

GMOコインの登録方法・口座開設について

アプリでの認証方法のほうがセキュリティ上おすすめです。

今回はGoogleの専用アプリを使う方法に変更をしてみました

アプリは、

『Google Authenticator』を使うことになります。

では、やってみます。

まず、サイトからログインして、メニューをタップします▼

メニューの中から口座情報という項目を開き、セキュリティをタップしてください▼

現時点ではSMSでコードが送られる設定になっています。

これをアプリでの認証に変更します。

2段階認証をタップしたら、次の画面です▼

アプリへ変更をタップ。

アプリへ変更するためには、一度SMSで認証コードを受け取らないといけないです。

すぐにコードが載ったSMSが届くのでそれを入力して、認証するをタップ▼

今回、スマホ一台でやってるので、QRコードを読み取れません。

(厳密にいうとスクリーンショットで撮れる方法もありますが少々めんどう)

なので青い線のところ、スキャン出来ない場合をタップ▼

コードが記載されています。

その下のキーをコピーをタップしてコピーをします▼

さて、ここでGoogleのアプリを起動します。

はじめて起動する方は下の画面とは違う画面になりますが、コードを入力するところがありますので、そこへ入力してください。

何度か使ったことのある方は、右上にある+をタップ▼

コピーしたキーを貼り付け、各自わかりやすいように、アカウント名も入力してください。

終わったら、右上でチェックマークのところをタップ▼

アプリに、GMOコイン専用のコードが記載される欄ができますので、そこに表示されているコードを入力▼

コードは一定時間経つと、変化していきます。

変わったら、前のコードは使えなくなりますので、新しく変わったコードを入力しましょう。

入力したら、認証するのボタンをタップします。

下の表示がでれば、設定完了です。

今後はGoogleのアプリを起動して、仮想通貨の送付や日本円の出金の際に、コードを入力するようになります。

まとめ

Googleのアプリを使えば、ほかの取引所で2段階認証するときも便利です。

なぜなら、Google Authenticatorは、いろんな取引所で使うことができるからです。

ひとつのアプリでいろんな取引所のコードを確認することが可能になりますよ。

※登録はカンタン、口座を作った人はビットコイン(20000Satoshi)がもらえます

  • GMOコインでは今のところ、口座開設時に二段階認証の設定(SMS)をするようになっている。
  • アプリを使った認証の方法に切り替えることもできる。
  • 専用アプリは、Google Authenticatorを使用する。
  • 二段階認証はセキュリティ強化のためにやるもの。
  • 設定はカンタンに行うことができる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です