kyash(キャッシュ)VISAカードについて|高還元!【2%】キャッシュバック

kyashのカード、自分も作りました。

コンビニやAmazon、飲食店などで幅広く使えます。

いくら使ったのかがスマホアプリからわかる、そしてキャッシュバック還元率が良い、個人間で手数料無料で送金をしあえるなど、

使い勝手は正直悪くないです。

今回は登録方法からkyashがほかと比べてすごいところ、リアルカードなど幅広く解説していきます。

kyash(キャッシュ)について

(アプリ画面▲)

キャッシュは、お買い物に使える、つまり現金の代わりになるカードのこと。

ただ、カードもあるのですが(磁気付きのプラスチック製)、アプリでカード番号や有効期限などのみ発行されるバーチャルなカードを持つことができます

上の画面がバーチャルなカードですね。

(プラスチック製カードはリアルカードと呼ばれる)。

kyashという会社が発行しています。

株式会社kyash
三井住友銀行や伊藤忠商事が出資をしている会社であることでも知られている。本社は東京都港区。

VISAクレジットカードとの違い

クレカとの違いは、チャージが必要なところ。

デビットカードのようなものです。

デビットカード
キャッシュレス決済が可能で、だいたい銀行が出してます。口座の残高の範囲内で、支払いに使えるカードです。

ただ三菱UFJデビットには年会費がありますが、kyash(キャッシュ)には年会費はありません

そして、VISAクレカと同じくVISA加盟店であれば、買い物が可能です

注意
クレジットカードみたいに分割払い、キャッシング(お金の借り入れ)はできません

キャッシュには割り勘や立替の機能があるため、友達との飲食にも便利ですよ。

※キャッシュと似たカードで実質借り入れができる、クレカのような審査不要のカードもあります▼

後払いでOK!バンドルカードの賢い借り方と返し方

kyash(キャッシュ)の使い方

使い方は簡単。

店頭ではカードを手渡して、レジなどで通してもらいます。

一方、オンラインのショッピングでは、クレジットカードのようにキャッシュのカード番号などを入力して使います。

VISAブランドだけあり、使えるお店は豊富です。

実際、Amazon・楽天、スーパーマーケット・コンビニ・美容院・ホームセンターなどで使えました。

(ただガソリンスタンドや一部タクシーでは使えなかったため、使えないところもありますね)。

他に、メルカリ、ZOZOTOWN、itunes等でも使うことができるようです。

キャッシュのすごいところ、メリット・デメリット

まずはお得なところ、それからデメリットについても話します。

買い物で貯まるポイントが高還元・キャッシュバック

嬉しいのは、この還元率。

2%です。

つまり、買いものした額の2%がキャッシュバックされます。

使った月の翌月にはキャッシュバックが自動で、kyashの残高に加算されますよ。

キャッシュバックされた分もチャージ金と同じように買い物に使えます。

VISAデビットとのキャッシュバックを比較してもお得です。

楽天や三菱UFJのデビットでも今までは高い還元率だなと思っていましたが(1%)、それの2倍ですからね。

ほかのデビットカードでは1%以下が多いです。

上の画面はアプリのものですが、キャッシュバックが発生しています▲

使う額が多ければ多いほど、当たり前ですがキャッシュバック額もそれなりのものになります。

クレジットカードとの連携でさらにお得に使える!?

合わせ技も可能です。

たとえば、VISAのクレカやデビットと連携して、そのカードが還元率1%だとキャッシュの2%と合わせて、なんと3%。

もし、いつもの買いものがVISAでも支払えるのなら、キャッシュを使えばかなりお得ですね。

kyashとVISA・MasterCardとの連携方法

アプリを開きます▼

自動チャージというところをタップします。

カード情報を追加、登録するの文字のところをタップします。

セキュリティコードも忘れずに入力してください。

カード裏面の名義のところにあったり、中には表面に書いてあることもあります。

名義人はローマ字。

最後に登録ボタンを押して拒否されなければ完了です。

まれに拒否られることもありますが、その場合連携できないカードです。

連携できるカード
VISA・MasterCardのクレジットカードやデビットカード。プリペイド式は連携できない可能性が高いです。

Google pay対応

キャッシュはGoogle payに登録をすることで、使うこともできます。

この場合も、買いものした額の2%が原則キャッシュバックされる仕組みです。

(例外もあり)

登録がかなり簡単、しかもバーチャルカードもある!?

ほかにも、カードを発行する手続きが、めちゃくちゃ簡単だというのもメリットです。

本人確認も不要だし、面倒な入力、ハンコ等が要りません。

クレカを作るにしても、審査があるし、たとえば銀行口座を作るにも面倒な手続きがあり、それなりに時間を取られてしまいます。

キャッシュならその心配は不要です。

(登録・作り方は次の項目で説明しますね)。

デメリットは何?

デメリットといえば利用額が限られているところ。

利用限度額が、1回につ基本3万円となっています。

これ一枚で大きな買い物はできませんよね。

ただしですが、リアルカードに限っては1回の限度額5万円までです。

チャージする面倒はあるものの、ほかのVISAカードとも連携することができるため、キャッシュでの残高がゼロとなった場合でも、

たとえば店頭でキャッシュを使うと、連携先のクレジットカードやデビットカードから自動で使った分を引き落としくれます。

オートチャージというやつですね。

この機能があるおかげで、チャージをした金額を超えて、あるいは現金をチャージをしなくても使うことができます。

利用限度額
1回で使える額に限度があり、また1か月で12万円まで

kyash(キャッシュ)の登録方法(カードの作り方)

使うためには会員登録が必要で、メールアドレスや名前、電話番号などを入力すればOKです。

(facebookも可)

すぐに終わります。

ここではメールアドレスで登録する方法で、バーチャルカードを作っています。

※パスワードは8文字以上、ユーザー名は好きに決めてください

誕生した年を選択して、次をタップ▼

携帯電話の電話番号を次に入力して、登録ボタンをタップします▼

すぐにコードがSMSで届くので、入力してください▼

バーチャルカードを選択します▼

(リアルカードは、一番最後の項目で説明していますので参考にしてください)

発行ボタンをタップしたらバーチャルカードが発行され、すぐに使えます。

kyash(キャッシュ)のスマートフォンアプリやチャージについて

はじめのほうでも言いましたが、kyash(キャッシュ)にはスマホ版のアプリがあります。

(ウォレットアプリとも呼ばれています)

まずはこれをダウンロードしてください。

メモ
iOS/Android対応済

スマホアプリで自分のカード番号が確認できるだけでなく、使った履歴、友達などへの送金、請求も簡単にできます。

キャッシュバック履歴も見ることが可能です。

どうやってチャージするのか?

まず使うためにはチャージが必要だと言いましたが、チャージの説明をします。

チャージする方法
  • セブン銀行のATM
  • 銀行のATM(ペイジー)
  • コンビニのレジでチャージ
  • <カードチャージ>

最後のカードチャージは”かっこ”をつけましたが、

カードからキャッシュのほうへお金をチャージするというよりも、

キャッシュの残高が足りないときに自動で不足分をチャージしてくれるしくみです。

セブン銀行のATMは、セブンイレブンはもちろん、街中でたまに見かけますし、スーパーにも設置されたりしています。

コンビニはほぼどこのコンビニも対応しています。

注意
カードチャージ以外は現金でチャージします。

アプリにチャージのやり方の詳細が載っていますので、はじめてやる場合にも迷わないです。

kyashのリアルカードの発行と失くした際の手続き

紛失した際、いちばん気になるのは勝手に使われるのではないかという点です。

しかし、いちおう安心してください。

というのは、スマホさえあればすぐにロックをかけることができるからです。

リアルカードを作る方法(発行方法)

すでにバーチャルカードの作り方も見ましたが、リアルなカードの場合は住所などの入力がプラスで必要です。

登録後、自分の住所にカードが届きます。

リアルカードの紛失の際のロック(解除)について

ロックをかければ、それ以降、勝手に使われることはありません。

アプリを開いたら、バーチャルカードをタップするか、赤い〇で囲ったところ(詳細)をタップしてください。

少し下へスクロールすると、カードを一時ロックするというところがあり、オンオフボタンをタップしてオンにします。

その後、キャッシュに問い合わせをしたら、新しいカードを発行してもらえます。

もし見つかった場合や、間違ってオンにした場合は、再度オンオフボタンをタップすれば、オフにできます。

すると一時ロックが解除されますよ。

まとめ

作るの簡単、キャッシュレス決済が実現できるkyash(キャッシュ)。

みんな、消費税を払いますが、キャッシュバックがあると一部が返ってくるイメージですね。

今後はこういったカードが増える予感もありますが、

還元率の高さや年会費無料、もちろん決済の手数料も無料ということであれば使うユーザー数も増えるでしょう。

まとめ
  • kyashはキャッシュと読む
  • キャッシュは、VISAのカードでチャージをして使う
  • 使えるお店やネットショップはたくさんある
  • キャッシュバックは2%還元!
  • 利用限度額があるので注意しよう
  • クレジットカードやデビットカードとの連携でさらに還元率アップできる!
  • カードと連携することで、キャッシュに残高がないときでも自動でチャージしてくれる
  • キャッシュにはリアルなカードとバーチャルなカード(アプリ)がある
  • キャッシュを利用するためには最初にメールアドレスなどで会員登録しないといけない
  • 現金のチャージはコンビニやATMから可能
  • リアルなカードを失くした場合は、すぐにアプリを開いてロックをかけよう
  • ロックはオンオフボタンでいつでも解除できる
  • 再発行は、キャッシュにアプリから問い合わせればOK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です