bitbank(ビットバンク)の『仮想通貨を貸して増やす』の利用料・メリット・特徴などについて解説します

国内の取引所ビットバンクの『レンディング』サービス

仮想通貨を貸して、将来、利用料がプラスされて返ってきます。(レンディング)

貸すだけなので、手軽に仮想通貨を増やせます。

利用料は、貸してくれたお礼(利子)のようなものですが、おトクな利率設定になっています。(後述)

海外の取引所も、レンディングをやってますね。

ビットバンクは、ビットコイン・アルトコインの取引手数料が無料(キャンペーン中)とお得に取引がきる国内の取引所です。

bitbank公式サイト

ビットバンクがこのサービスを始めると告知したのが、2018年の3月。

(※2018年5月、サービス開始予定)

最初はビットコインの貸し出しができて、アルトコインも取り扱う予定です。

ビットバンクでは貸し出しの期間が、今のところ1年と長いのが特徴的です。(GMOコインだと数か月のものがある)

実際に貸してくれる人を募集するときは、サイトのお知らせやメールでくわしい内容や、やり方を確認できます。

今回は告知された内容がどんなものなのか、解説していきます。

ちなみに、口座を持っている人しかこのサービスは利用できません

まだの方はこちらも参考にしてみてください。

bitbank(ビットバンク)の口座開設方法|登録から本人確認・ハガキ受け取り

ビットバンクの『仮想通貨を貸して増やすサービス』の内容・メリットなど

貸す相手はビットバンク。

ユーザーとビットバンクが貸します・借りますの申し込みと約束(契約)をするだけです。

貸した分はちゃんと返ってくるし、プラス利用料が1年後に、発生。

なので、仮想通貨は減ることはありません、増えます。

貸している間は、もちろん手元から離れるので、売ったりすることはできません。

利用料がどれくらいもらえるのか

利率は3段階。

利用料
  1. 1~5枚未満のビットコインを貸した場合は、年にして3%
  2. 5~10枚未満の場合、4%
  3. 10枚以上は5%

ビットコイン1枚を貸した場合、利率は3%。

1年後、1枚(貸した分)+0.03枚(利用料)=合計1.03のビットコインがもらえます。

メリットは、ほぼ確実に仮想通貨を増やせること、デメリットは、貸している間取引ができないことです。

リスクは、最悪、貸した仮想通貨が戻ってこないことです。

(ビットバンクが潰れた場合など、ただ潰れたからといって、絶対返ってこないとは限りません。)

もし仮想通貨の価格が将来上がっていたら、枚数が増えるだけでなく、お得に利益が出せます。

上の例だと、利用料としてもらった0.03枚分については、対価を払わないで、もらっていますしね。

手数料を払えば、貸してる途中でも解約が可能な場合あり

中途解約手数料

貸した仮想通貨の枚数(数量)の5%

※ビットコイン(BTC)を1枚だと、0.05枚の手数料が引かれて、0.95枚が返ってくる

当社が認めた場合において・・(中略)手数料を差し引いた額を返還します。

ビットバンクのサイトのお知らせより

サービス告知のお知らせの内容をみると、「当社が認めた場合において」とあるため、解約が認められない場合が

あるかもしれないので注意です。

契約内容をよく確認してください。

ほかにも、何点か注意点があるので、あげておきます。

  • BTCが1枚未満だと、申し込めない
  • 貸した日から1年ではなく、貸した月の翌月1日から貸し出しスタート(起算日)
  • ビットバンクに口座をもっていて、本人確認がすんでいる人しか申し込めない
  • 人によっては(所得によっては)、税金がかかる場合がある

まとめ

仮想通貨を増やすことができるレンディングですが、簡単に、増やせるという特徴があります。

貸すこと自体に、手数料はかかりませんし、もちろん仮想通貨を買うときのような

コスト(対価)や手間(相場を気にするなど)はかかりません。

タイトル
  • ビットバンクには、仮想通貨を貸すサービスがある(レンディング)
  • 仮想通貨が1年後に増える
  • 利用料は、貸した仮想通貨で支払われる
  • 利用料の利率は、貸す量が多ければ多いほど高くなる
  • レンディングの仕組みは、貸すという契約
  • ビットバンクユーザーしか、貸すという申し込みはできない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です