モネロとは?使い道や将来性、今後の価格についてわかりやすく説明します

モネロとは?

 

時価総額15位以内に入るモネロ。

2014年に発行されたばかりですが、ほかの人気通貨と同じく価格は右肩上がりです。現在までに260倍以上のパフォーマンスを上げました。

Yahoo!ニュースとかツイッター上で仮想通貨暴落と騒がれている今日このごろ(2018年1月16日)ですが、現在、価値は何倍も上昇しているんですね。

匿名性の高さ、取引のスピードの速さが目立った利点です

これから、特徴や将来性、チャートをみていきます。

モネロの特徴

公開年 2014年
通貨の単位 XMR
発行上限枚数 1840万枚
アルゴリズム Proof of work

CriptoNight

特徴的なことは次の二つにまとめることができます。

①匿名性の高さ

②取引の処理の速さ

①モネロはどうやって匿名性(個人を知られないこと)を高めたかというと、

・リング署名

・ワンタイムアドレス制

を使ったからです。

 

技術的な細かい話は抜きにして、簡単にいいます。

上の表にもありますが、CriptoNightというアルゴリズムで特殊な形のリング署名を採用しています。

リング署名ですが、署名というのはブロックチェーン上で記録される取引(例:ある人がある人に1000モネロ送った)に対して、「正しい記録であることを確認したので、証明のためにサインします」というイメージです。

前提知識(ブロックチェーンなど)があったほうがよりわかりやすいので、こちらも見ていただければと思います。

今話題の仮想通貨とは?仕組みをわかりやすく解説します

誰がしたサインなのかが第三者からわからないように、複数の人でひとつの署名を書き上げることにしました

どういうことかというと、仮にサインが横一本線だったとしますね。この時、Aさんが線を引いて、次にBさんが線を繋げて、Cさんも…というふうに、すると、外から見ると、一本線のどの部分を誰が担当したのかわかりにくいですよね。つまり個人が特定されにくいので、匿名性を高めていると言えます。

次に、ワンタイムアドレス制。これも匿名性に一役かってます。

アドレスとは、たとえば、銀行の口座番号みたいなものです。

ワンタイムというのは、取引のたびに、口座番号が発行されることなので、その都度送金先のアドレスが違ってきます。

口座番号がひとつで、誰かがそれに不正にアクセスしたとしますね。

すると、その口座に関する取引が全部見れちゃう可能性がありますが、それがもとで、個人が特定される危険があります。

ですので、特定を少しでも防ぐために、その都度番号を変えるように工夫しました。

②次に、取引の速さですが、ブロックチェーンのサイズを無制限にすることで、実現されます。

どういうことかというと、サイズが小さいと(ブロックの容量が少ない)、一般に取引の速度は遅くなるんです。

モネロではサイズの大きさに制限をかけないので、速いんです。

おおかた数分で取引を処理してしまいます

ビットコインとかで言われているスケーラビリティの問題に対処しているといえますね。

スケーラビリティ問題とは
取引件数の多さから処理が手に負えなくなること。おもにブロックの容量の問題。送金手数料が高くなったり、取引が遅延してしまう。

モネロの使い道や将来性

今で言うと、まだまだモネロの使い道は限られています。とくに日本では。

これは、技術的な面で匿名性を実現した結果、汎用性(使い勝手)がなくなったためです。

ただし、認知度もあり、取引の速度もビットコインに比べれば格段に速いし、匿名性を生かした使いかたができるので、今後需要が急激になくなることは考えられません。

とくに、今後仮想通貨などの電子取引がさかんになった場合、プライバシーを守れることは強みになります

現に10年以上前からネットの取引などの電子商取引ではプライバシー保護、セキュリティの確保がずっと問題視されてきていますね。

また、モネロではマイニングをやるハードルも一般的に低め。というのもビットコインなどと違って、高性能の専用機やパソコンがいらないから。

マイニングというのは、パソコンなどに計算をさせて、仮想通貨を報酬としてもらうことです。

モネロのマイニングを始める場合、それこそ一般のPCでできるので、この点は良いです。

モネロの価格とチャートについて

さて、価格についてですが、国内の取引所Coincheckでチェックしてみました、2018年1月18日お昼時点で、1XMR=40000円前後です。

取引当初は200円くらいのものでしたから大きな値上がりです。ちなみに価格が動き出したのが2016年の9月ごろです。

それまではほぼ横ばいでした。

モネロのチャートです、CoinGeckoからです。

10月の終わりに約10000円、12月終わりまで基本上昇が続き、約40000円で2017年が終わりました。

2カ月で4倍くらい上がったことになります

年明けからは価格の変動がとくに激しいです、しかも短期間のうちにですね。

一時、61000円ほどの値もつけています。

流れで見ると相場は落ち着くと思われますが、取引者の数がさらに増大することも予想されるため(投機目的の方など)、もしかしたら、しばらく

激しい上げ下げの場面が多々見られるかもしれません。ここ一年では上昇傾向になるだろうと予測しています。

モネロが買える取引所

国内ではコインチェック(Coincheck)ですね。

スマホから価格チェックできますし、画面も見やすい構成になっているので、始めて投資をする方にもおすすめです。

なお、モネロはコインチェックから購入が可能で、売るときはコインチェックに売る形になります

日本円を入金(コインチェックの法人口座に振込する)して買うことができますし、住信SBIネット銀行やりそな銀行の口座を持っていれば、振り込み手数料は無料になります。

コインチェックの詳細

まとめ

まとめ
  • 時価総額で常に上位にランクしている
  • CriptoNightを用いて、匿名性を確保
  • ブロックサイズの容量に制限がないため、高速処理が可能
  • 匿名性が高いので、プライバシーを守れる
  • 2017年から大きく価格が上昇している

認知度が高いこともあって、モネロに注目している人もいることと思います。

2018年はじめから韓国政府の規制の問題など、バッドニュースが流れましたが、今後激しい規制が取引所などに

課せられない限りは、モネロの価格はさらに上がる(少なくとも2017年年末につけた値以上は上がる)と予想しています。

最近は時価総額の高い通貨が似た値動きをしていますので、他の通貨の動向やニュースも要チェックですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です