Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)でのリップルの買い方・購入方法

日本・アジアの国内取引所Liquid by Quoineについて

QUOINEX

プラットフォーム移行
新取引システムの採用で、QUOINEXはLiquid by Quoineに名前が変わりました。口座をすでに持っていた人はそのままアカウントが自動で引き継がれます。

アジアでも最大規模の取引所がQUONIEX。

ビットコインの取引量は、国内上位です。

リップルを買うことができて、その注文をアプリからできるため、

スマホからでもスムーズに購入できます。

リップルは、価格が100円以下ですが、今後の相場次第では、

大きな利益を出すチャンスです。

QASHというトークン(価格がついたコイン)を国内で唯一取り扱っていることでも知られています。

QASHは1コイン100円以下で、2018年6月現在で当初より1.5倍以上の価格上昇です。

運営元 QUOINE
設立  2014年
セキュリティ

 コールドウォレット

マルチシグなど

取り扱い銘柄

5種類

(ビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアム・リップル・キャッシュ)

※登録は、メールアドレスの入力から始めます。5〜10分程度あればできます。

登録のやり方を見るにはここ▼

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)の登録、口座開設方法

リップルを売っている他の国内取引所▼

  1. ビットバンク(Bitbank.cc)
  2. GMOコイン
  3. ビットポイント(BITPoint)

このうちビットバンクは、キャンペーン中のため、リップルを買うときの手数料が無料になっています。

キャンペーンを機に、手数料無料で取引したい方はこちら▼

ビットバンク(bitbank)でのリップル(XRP)の買い方(購入方法)

Liquid by Quoine|リキッドバイコイン|リップルの買い方

スマホだと、アプリから買えます。

もちろんPC・タブレットからでも購入可能。

MEMO
  • リップル(XRP)を買うための手数料が0.25%
  • 最低1XRPから買うことが可能で、100円程度から投資ができる

0.25%なので、10万円分買ったとすると、250円の手数料ですね。

初めての方は、Webサイトから取引するよりも、アプリのほうが注文をしやすいです。

サイト画面は少しごちゃごちゃしているからです。(Lite版は注文方法が成行だけですが、もっと使いやすい)

今回は、通常版アプリでの買い方です。

まずはログインします▼

通貨ペアをリップル・日本円に変えます。

変えるためには、上部、通貨ペアのところをタップ▼

赤い線のところですが、矢印の方向へスクロールしてください。

ずっと右のほうまでいきます。

JPYのところまでスクロールすると、ペアが表示されます。

このうちリップルの略XRPと日本円の略JPYの、XRPJPYを選択します。

タップしてください。

これで、ちゃんとXRPJPYのペアに変更ができました。

赤い枠の中が、XRPJPYになっていますね。

この画面でチャート取引板が見れます。

取引板
リアルタイムでのユーザーの注文状況が載っているところ。その時の平均の価格に近い注文状況(価格と数量)が見れます。
画面右側に数字が並んでいますが、これが注文状況。

拡大するには、画面にある青いボタンをタップ▼

取引板を見るのは、たとえば、今いくらで買えるのかを知るためです。

買うときはなるべく安く買ったほうが得です。

価格が上がりそうなら、今後下がるまで待つか、妥協して今の価格で買うかです。

取引板の拡大画面が下の画像。

左側が売り手(ユーザー)の注文状況、左から数量・価格の順です。

一番上の66.18(価格)が売り手の中で一番安い価格です。

基本この価格あたりで買うことになります。

買うためには買い注文を出しますが、プラスボタンをタップします▼

注文方法と入力画面が出ます。

注文方法は全部で四つです。

今回はそのうち成行注文を選びました。

成行は、買いたい分=数量を入力するだけで簡単な注文方法です。

数量のところ(赤線)をタップするか、左右についている+-ボタンを使います。

100XRPを欲しいので、100と入力しました。

赤いボタンが買うのボタンなので、そこをタップします▼

(青いボタンは売る)

最後に、確認画面が出ますので、入力などに間違いがないかどうか、ざっと確認します。

注文を確定するをタップすれば、リップルの注文は終わりです。

MEMO
成行注文は、数量のみを入力すればいい注文。その時に売り手(ユーザー)が提示した価格のうち安いものを買うしくみ
指値注文では、価格も自分で決めれます。

買いたいときの価格を指定できるため、この価格で買いたい、今よりもたとえば5円くらい下がったところで買いたいとか

そういう希望が出せます。

まとめ

リップルは国際送金をスピーディーに、安価で行うネットワークを作っていて、

今もコストを下げるため改良がされています。

価格が何倍になるかわかりませんが、できるだけ安いときに買い増しをしています。

リップルの将来性に期待したいです。

まとめ
  • リップルの購入は、100円程度から購入可能
  • PC・スマホ・タブレットから買える
  • スマホでは2種類のアプリが出ている。ライト版は使いやすいし、すぐにリップルが手に入る
  • Liquid by Quoineは、アジアを中心としたグローバルな取引所
  • 仮想通貨・日本円の入金、仮想通貨の送金、ビットコインを日本円で買う場合の手数料がすべて無料

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です