zaif(ザイフ)でザイフトークンを買う方法

ザイフの特徴

設立 2014年の6月
運営会社 テックビューロ社
所在地 大阪府大阪市西区西本町1-4-1
代表者 朝山 貴生
資本金 8億3013万円

ザイフでは有名な仮想通貨ネムやモナコインなどの取引のほか、ビットコインの信用取引、FXまでできます。

仮想通貨の積み立てメニューもあります。

メニュー(やれること)がたくさんあるのが特徴的です。

今回はザイフトークンを買いますが、ザイフでは他のトークンも扱っています。

ご参考までに挙げておきます。

  • XCP(カウンターパーティーのトークン)
  • BCY(ビットクリスタルズ)
  • SJCX(ストレージコインエックス)
  • FSCC(フィスココイン)
  • PEPECASH(ペペキャッシュ)
  • CICC(カイカコイン)
  • NCXC(ネクスコイン)
  • JPYZ(ゼン)

ザイフトークンのことやメリットなど

基本情報です。

まずテックビューロ社が運営するザイフが発行をしています

アプリゲームなどで、トークンという言葉じたいは目にされた方もいるかもしれませんね。

トークンを使えば、ゲームに使うアイテムを手に入れることができたりします。

一方、ザイフトークンはブロックチェーンをもとに発行されるので、仮想通貨の世界と関係します。

簡単にいえば、テックビューロ社が作ったコインみたいなものです。

また、ゲームの中で使われるトークンと同じで、お金やビットコインのように物を買うことはできません。

では、どんなことに使えるのかですが、今のところ目立った使い道はありません。

にもかかわらず、現在取引がされていて、価格が上がったり下がったりしているのはゲームで使われるトークンとの違いでもありますし、

投資の対象にもなることも意味しています。

一般には、トークンの価格変動も、モノの価値が上がるのと同じ仕組みです。

たとえば、欲しい人が殺到すると価格が上がるようにですね。

現実にどれくらい上下しているのかというと、

2017年12月に入り、0.5円から3.5円まで上がっています。

約2週間で約7倍も価格が上がったんですね。その後現在まで2分の1以下に下がっています。

ザイフトークンについて詳しくはこちら▼も参照してみてください。

ザイフトークンとは?(ZAIF)特徴や価格、将来性、リスクについてわかりやすく解説します

スマホからのザイフトークン購入方法

ザイフにはアプリも用意されており、私もダウンロードしていますが、今回はサイトから買っています。

これからお見せする画像は、すべてスマホのスクショです。

まず、ログインして

つづいて、メニューの中から取引をタップ。

 

チャートが表示されます、BTC/JPYの部分をタップします。

すると各通貨が並んでいます、ここでトークンをタップ。

トークンの中からZAIF/JPYをタップします。ザイフトークン(ZAIF)を日本円(JPY)で購入するということです。

今度は、ザイフトークンのその時の価格や、今までの値動きがみれるチャートの画面が出てきました。

下にスクロールすると、指値注文か成行注文を選択したり、買いか売りかを選択したりする画面がでます。

最初から買うが設定されていましたのでそのまま確認だけしました。指値も同様です。

今回は指値注文を出します。指値とは、1ZAIFの価格数量を自分で決めて注文を出す方法です

ほかに成行を選択した場合は、希望する条件として数量のみを入力します

項目が小さいので拡大してみます。

青い数字ですが、1番で希望する価格を、2番で希望する量を入力できます。

2番の右横の約定代金には、注文が通って取引が成立したらいくら日本円が必要になるのか表示されます。

自分の希望通りの条件を入力したら、買い注文のボタンをタップして、完了です。

このあとは、実際に売り手の人と条件が合致すれば、注文が通る=約定となります

売り手,買い手の人がリアルタイムでどんな条件を出しているのかは、上の画面から下にスクロールしていくとわかります。

取引板と呼ばれます。

左上に売買注文とありますね。そこから下の緑色の枠で囲った部分が、売り注文をした人が提示してきた条件、その下の部分が買い注文をした人の条件です。

真ん中の列に上下に並ぶ数字が、1ZAIFの価格、その横の棒グラフ付きの数字は量を表します

ここで、注文の際、価格などを参考にできますね。

さしあたり、指値注文をした場合はmakerと呼ばれ、手数料が現在のところ0円になると覚えてください。

成行注文の場合は、0.1%の手数料が発生します。成行の場合は、板に出ている一番安い価格のZAIFトークンを買い上げていきますが、

takerと呼ばれます。

日本円またはビットコインでザイフトークン(ZAIF)を売り買いした場合の手数料は以下の通り。

maker taker
0% 0.1%

簡単にいうと、taker(注文条件をチョイスする人)は板に表示されている条件と同じ条件で注文をした人

maker(注文条件を新たに作成した人)は板と関係なく新たな条件を提示した人です。

さて、注文を出してからすぐに取引成立(約定)をしたため、メニューの取引履歴から、念のため確認をしてみました。

今回、6000枚のザイフトークンを購入。手数料はかからなかったです。

万が一、誤った注文をした場合には、約定していない場合に限ってですが、注文履歴から注文を取り消すこともできます。

その際にキャンセル料は発生しません。

あとは取引の状況にも気を配っておく必要があります。

たとえば、価格が急激に上がっていく場面では、自分の出した条件がなかなか通ってくれない=売り手が見つからない事態も考えられます。

何度か取引をして慣れてきたら、良い条件で購入ができるようになるでしょう。

また、ザイフ取引所の混み具合によっては、たとえば買い注文を確定させようとしたときにフリーズ状態になる場合もありますので注意は必要です。

まとめ

  • ザイフは様々な取引の種類を提供しており、トークンもいろいろ買える。
  • ザイフトークンは、ザイフが発行する価格のついたコイン(データ)のようなもの。
  • ザイフトークンは、価格が動くので、価格差を利用して儲けることができる。
  • ザイフのサイトやアプリからトークンを売買することが可能。
  • 購入の際は、指値なのか成行で注文するのか決める。
  • ザイフトークンの購入には日本円かビットコインが必要になる
  • 売買取引は、売り手買い手の条件が合わないと成立しないため、取引板を参考にして行うのが一般的。
  • スマホ、PCから気軽に各種トークンを購入することが可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です